2017.09.23

WAKWAK + WN-AX1167GR + DS-Liteでちょっとだけ苦労する。

 WAKWAKでIPv6(IPoE)接続トライアルを申し込み、DS-Lite対応ルータ(WN-AX1167GR)も注文。

 接続トライアルの設定が完了した時点で、

・IPv4はPPPoEでやりとり
・IPv6はIPoEでやりとり

 という状態になり、この時点でIPv6パケットは夜間の低速度から解放されることに。といってもIPv6ネイティブ対応していて、ウチがありがたいサービスってYoutubeぐらいなんだよなぁ。ドコモがdTVとかdアニメとか対応してくれるとありがたみが増すんですが。

 そしてルータが届いて「これでIPv4も遅くならずに快適生活だ」と意気込んだわけですが、ちょっとだけ接続で苦労したのです。

 まずはうちの環境ですが、DS-Lite対応ルータを入れる前は、

VDSLモデム --- HGW --- 無線LANルータ(APモード) --- PC(有線)とかスマホ(Wi-Fi)

 となっていました。これを、

VDSLモデム --- HGW --- WN-AX1167GR(オートモード) --- PC(有線)

 としてみたところ、WN-AX1167GR(オートモード)がルータではなくWi-Fi APモードで起動していて、IPv4通信が全然速くない。ちなみに、PCのIPアドレスがWN-AX1167GRのDHCP配布アドレス(192.168.1.xx)ではなく、HGWのDHCPの配布アドレス(192.168.0.xx)になっていたことから発覚。

 仕方ないので、WN-AX1167GRをカスタムモードに切り替えて再起動し、インターネットの接続方式を手動で"transix"に変更。これでPCに割り当てられたIPアドレスが192.168.1.xxになり、速度測定サイトでIPv4の通信速度が60Mbps~となり「やった!」と思ったのですが、インターネット上のIPv6接続のチェックサイトを使ってみても、"IPv6接続になってないよ"と言われる始末。うん、何かおかしいね。

 ここでPCを再起動してみたところ、やっとこさIPv6接続のチェックサイトでも"OK"になることを確認。IPv4の通信速度も落ちてない。ふぅ。「困ったときは再起動」は基本ですね。

 なお、以前からWiFi APとして使っていた無線LANルータはUSBメモリを挿して簡易NASとしても使っていたため、そのまま我が家のネットワークに居座ることに。

 ここまでやって、やっとフレッツ光プレミアムの使い勝手/速度に戻っただけとも言いますw
 IPv6ネイティブなサービスも使えるようになったのでその分はプラスですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.21

速度が遅いフレッツ光ネクストの改善を図る

 フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへ変更したわけですが、夜間は速度が劇的に悪化するのでなんとかすることに。

 速度が悪化するのは、フレッツ光ネクストの土台であるNGNからインターネット(プロバイダ)へ出ていくところ(POI)が混雑しまくりでどうにもならんと。
 で、最近は混雑部分を回避するために、IPv4 over IPv6を使うのが流行りってことなので、素直にそれに乗っかることに。

 そうなると、まずは自分の使っているプロバイダでIPv4 over IPv6ができるのかとなります。ちなみにウチが使っているプロバイダはWAKWAKです。Bフレッツを使っていたころに契約した安いプランがまだ生きていまして、今回のネクストへの変更の際に問い合わせて、契約上の回線速度が200Mbpsまでは変更しなくてもいいと言われていますw

 WAKWAKは数年前にフレッツ光ネクストがIPv6のPPPoE接続やIPoE接続を提供し始めた時に、全然対応するそぶりを見せなかったのですが、最近になってIPoE接続をトライアルという形で提供を始めました。トライアル終了まではオプション料金とか無しで、今使っている料金コースの値段だけで使えると。なおかつ、IPv4 over IPv6についてはDS-Liteという方式で対応しているという情報が2chあたりで散見されたので「もうこれで行くしかない」と。

 そんなわけでWAKWAKにIPv6接続トライアルを申し込み、DS-Lite対応のルータとしてIO-DATAのWN-AX1167GR
をチョイス。決めた理由は値段が安かったから。

 ネットでいろいろ検索してみると、このルータでDS-Liteする場合、オートモードでHGWのLANポートに接続するだけで自動設定してくれるとのことだったので「こりゃあ楽だわ」と思ったのですが、ウチの場合はそこまで簡単には進みませんでした(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.19

今頃になってフレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへ

 フレッツ光プレミアムが2019年頭にサービス停止になると発表されたのが2016年6月、さらに2019年1月末停止と確定情報になったのが2017年6月。そんなわけで我が家のフレッツ光プレミアムをフレッツ光ネクストへ変更しました。

 元々、Bフレッツマンションタイプを使っていて、移行の工事費タダにするからと言われてフレッツ光プレミアムに乗り換えたのが2012年4月~5月ぐらい。その後、うちのアパートがネクストのサービスエリアに入ったことを知り、乗り換えを考えたことはあったのですが、

・工事費がかかる
・マンションVDSLなのでスピードはいいとこ100Mbpsで頭打ちなのが見えている

 といった具合で「明確なメリットが見えてない」という結論で移行は見送っていました。
 また、光コラボレーションのサービスが始まった時も、

・そもそもうちはフレッツのずっと^2割に入っていて割引率も結構よく、プロバイダも安いトコを選んでいたので、光コラボを見ても「安い」と思わなかった。
・業者決めて光コラボに移行したら、他のコラボ業者に変更できない(解約→新規加入になっちゃう)

 という状況でこちらも食指が動かずといった状況。

 とは言え、そろそろあっちこっちの業者から「ネクストいかがっすかぁ」「光コラボいかがっすかぁ」と売り込みが来るようになり、プレミアム→ネクストの変更なら工事費もかからなくなったため、もうそれで決定することに。

 NTTへ申し込んでみると、フレッツ光プレミアム(マンションVDSL)からフレッツ光ネクスト(マンションVDSL)の場合、

・VDSLモデム(100Mbps)→新しいVDSLモデム(100Mbps)に交換しますので返却してください
・CTU→ホームゲートウェイ(HGW)に変更しますので返却してください
・ひかり電話アダプタ→HGWに機能が入っているので返却してください

 という感じになります。新しい機材は工事日より前に送付するので、工事完了以降に自分で付け替えてくれ、と。

 ちなみに、切替工事のちょっと前ぐらいに、フレッツ光プレミアムの回線速度を計ってみたところ、夕方から深夜までのゴールデンタイムでも60~70Mbpsぐらい出ていたりしてすごく快適な状況。新規加入を打ち切って、利用者がどんどん減っているはずのサービスの底力を見たw

 そして工事日に切り替えが完了し、新しい装置に切り替え完了し、回線速度を測定してみたところ、まずは80Mbps超の数字を見て満足したのですが…うん、フレッツ光ネクストはゴールデンタイムはそんなスピード出ないんだね…10Mbpsも出ないことも結構あるなーと。

 というわけでこのままでは悔しいので改善を図ることに(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

ディスプレイを買い替える

 デスクトップPCのディスプレイが老朽化が原因と思われる動作不良が出ました。画面上の1ラインが丸々非表示になるという症状です。

 逆にいうと不具合はそれだけで、他は問題なしなんですよね。テキスト読む分にはちょっとスクロールさせればいいわけですし。

 購入したのは2003年の3月だったので丸14年使った計算になります。私のPC周辺機器では一番の長生きだったのですが、さすがに限界のようです。ちなみに嫁さんのディスプレイは2002年購入で、これが我が家で一番古いPC周辺機器になります。でもまだ元気。

 気にしなければもう少し使えるかもしれませんが、このまま順調?に非表示ラインが増えるとさすがに困っちゃうので、ディスプレイをリプレースすることにしました。
 問題になるのは、ディスプレイのサイズ。従来は16inchのSXGAという、スペックのわりに小さめのものでした。PCのデスクがちっちゃいので、スピーカーとディスプレイを並べて置くとこれぐらいが限界なのです。
 とはいえ、今時同サイズ同解像度のディスプレイなんて見かけないので、小さめのFullHD解像度ぐらいのヤツがいいかなと調べてみたら、21.5inch FullHDならドットピッチが16inchSXGAとだいたい同じぐらいで使用感が変わらなさそう。
 スピーカーをディスプレイと重ならないように並べるのはあきらめて、机の両端ギリギリに設置したスピーカーの前に一部重なるようにディスプレイレイを設置で妥協することにしました。

 で、AmazonやNTT X-Storeあたりでいろいろ調べて最終的にこいつにしました。決め手は液晶がVA系のパネルだったことかな。前のディスプレイもVA系だったので。

 ディスプレイは店頭で現物見るほうがいいんでしょうが、こんだけコモディティ化しちゃってるなら初期不良以外でそう大きなトラブルもないだろうと通販でサクッと買い物。しかも実は「Amazonのアウトレット」で少し安く購入したという。よく考えたら、ドット欠けとかあったらどうする気だったんだ自分(汗)
※Amaxonアウトレットは初期不良は返品交換対応が可能のはずです

 幸いなことに届いたディスプレイはドット欠けもなく、ディスプレイとして特に問題なく使えています。表示の色味は前のディスプレイより全体に濃い感じですが、嫌な感じは無いですね。SXGA→FullHDで画面が広くなったのでブラウザ2枚開く時の配置に余裕ができてありがたいです。

 表示性能以外の部分ではスタンドとパネルの固定があまりガッチリしてないのか、パネルに触れると結構揺れます。触らなければ問題ないんですが、電源SWに触れた時に軽く揺れるので…。というか、前のディスプレイがスタンドが固かったんですよね。なんせ16inchSXGAディスプレイと今度かった21.5インチFullHDディスプレイ、重量が同じくらいか、下手すると16inchの方が重い(笑)。

 あとはこの新しいディスプレイがまた14~15年ぐらいもってくれると嬉しいのですが(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.20

嫁さんのPCのポインティングデバイスとHDDケース

 嫁さんのPCのリプレースは無事に済んだのですが、今度はポインティングデバイスに不満があるとのこと。

 嫁さんはパソコンデスクの狭さの関係で、マウスではなくてトラックボールを使っているのですが、新しいPCでは、ロジクールの純正ユーティリティを使ってもスクロールホイール機能が使えないとのこと。さすがにストレスが溜まるらしく、スクロールホイール付のトラックボールにリプレースすることに。

 トラックボールで親指タイプじゃないヤツでスクロールホイールがついてて…

 ってことなので、結局こいつをチョイス。

 嫁さんによれば、スクロールホイールがついて、ブラウザの進む/戻るボタンもついたので快適に使えるとのこと。ただ、スクロールホイールに乗せていた指をホイールから外すと、タッチの軽い進む/戻るボタンがそこにある、って感じだそうで、慣れるまでは間違って押しそう、とのことでした。

 私もエレコムのトラックボールの親指で回すタイプを使っていますが、親指派の私と非親指派の嫁さんとは微妙に相いれません(笑)。

 さらにもう一つ、嫁さんの故障したPCですが、HDDは生きていたので、外付けHDDケースに入れて使うことにしました。嫁さんのPC、USB3.0が搭載されていたので、どうせなら対応しているヤツがいいよね、ってことで検索してコレをチョイス。

 届いたケースに前のPCから摘出したHDDをセットして、特にトラブルもなく新PCで認識OK。新しいPCのユーザーデータを適当にバックアップするようにと助言しました。

 毎年の年賀状の宛先リストは嫁さんのPCで管理しているので、このデータがロストするといろいろと面倒なことになるんですよね。今回はHDDは生きていたのでサルベージできたのですが、やはり転ばぬ先のバックアップですね。

 と言いつつ、自分のPCのHDDはあんまりバックアップ取ってないなぁ…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

嫁さんのPCのリプレース

 11月某日、嫁さんのPCが起動しなくなりました(泣)。

 DELLのALIENWARE X51、3年半しかもたなかった…。
 壊れてしまった以上、次のPCをなんとかしないといけないわけです。とりあえず私のノートPCを貸しておいて、次のPCをどうしましょうかと嫁さんと相談。

 もうゲーミンググレードのPCはいらないけど、ブラウザゲーのグラフィック処理が重いのはストレス溜まりそう…てことなので、3D性能は重要視しなくてもいいことに。

 ちなみに、嫁さんに私のPCでブラウザゲーをやらせてみると、

・私のデスクトップPC(Core 2 Duo E8400 / GeForce 9600GT) : そこそこ快適
・私のノートPC(Core i5 430UM & Intel HD Graphics) : 重い

 って感じらしいです。要はFlashplayerの処理が重くなければいいんですが、最近のインテルの内蔵グラフィックってどうなんだろ…と思いつつも、15000円引きクーポンに惹かれて、DELL Inspironのコンパクトデスクトップタイプをチョイス。メモリだけちょい盛ることにして、

・CPU : Intel Core i5 6400
・グラフィック: Intel HD Graphics 530(内蔵)
・メモリ: 8GB

って感じにまとめました。

 届いたPCを設置して、嫁さんに使わせてみたところ、Flashplayerベースのブラウザゲーなら、私のデスクトップPCと同じか、快適なぐらいってことで問題なさそうです。

 しかし、私のPC、8年ぐらい使ってるんですが、HDD以外のパーツが壊れる気配が見えません。元気なので買い替えられない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.09

ウェルネスリンクサービス終了ですと?

ウェルネスリンクサービスの終了について

 …こいつはやられたなぁ。Nexus5xのNFCで体重と血圧の管理が軌道に乗ったところで、ウェルネスリンクのサービス終了宣言来ちゃいました。

 2017年12月まではサービスは続くので、それまでにその後をどうするか考えないと。

 一つは、からだグラフアプリの後継に指定されている「わたしムーブ」アプリへの乗り換え。ただ、このアプリはいつまでサポートされるのかがちょっと不安。なんにせよ、ウェルネスリンクでデータがクラウドにあるという安心感はなくなりそうですな。そうなるとデータのエクスポートとインポートはサポートしてもらわないとねぇ。

 もう一つは、体重計・血圧計を買い替えちゃう。オムロンの後継サービスはBluetoothベースなので普通のスマホならアプリを動かすには問題ないだろうし、他のメーカーの製品でもいいし。要件としては体重だけではなく、血圧管理も必要ってことですね。

 もともと、体重計や血圧計を買うときに、スマホ連携について一通り調べたのですが、当時はBluetooth経由のデータの吸い上げが一般化してなくて、それでウェルネスリンクサービスを提供しているオムロンを選択したという経緯があります。今頃になって、Bluetooth経由のデータ連携に本腰入れてくるとは…ねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014.09.20

IIJmioサービス改訂、バンドルクーポン増量

 IIJmioのサービスが改訂になり、バンドルクーポンが増量です。

  サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)

 私も契約しているミニマムスタートプランは1GB→2GB、ライトスタートプランは2GB→4GB、SIMカードが3枚つくファミリーシェアプランは3G→7GBと太っ腹状態。まぁ競争相手もすぐに追いついてくるのではないかと思われます。

 あと、音声通話契約つけるための月額料金が1080円/月から756円/月に正式値下げ。こっちはキャンペーン料金が据え置きになっただけですが、使っている人には嬉しいところ。

 私みたいな45歳のおっさんがドコモのカケホーダイプラン+パケット2GBを選択すると2年縛りで5900円/月の料金になります。IIJmioのミニマムスタートプランの新しいバンドルクーポンですと、音声通話付きプランで1600円/月になりますから、見た目の安さは圧倒的ですねぇ。もちろん、音声通話定額の有無などあるので、どっちがおトクなのかはちゃんとシミュレーションする必要がありますが。

 ドコモ、au、SBMの国内3大キャリアが音声通話定額でARPU向上を狙っているところにMVNOの料金プランがするっとハマってきた感じですね。うちは音声通話の家族定額のメリットがあるのでドコモの契約を簡単には切れませんが、嫁さんや子供がスマホ欲しいと言い出したらどこの業者にするかちょっと考えちゃいますよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.17

今頃になってワイヤレスマウスに手を出してみた

 市内のパソコンショップに行ってみたら、マイクロソフトのワイヤレスマウスがワゴンセールで千円ちょっとのお値段だったので購入してみました。いまやamazonでもこのお値段なのですな。

 家で使う場合、マイクロソフトのブルートラックでないと追従しないテーブルとかあるので、この機能がはずせません。ロジクールのLGTや他社の青色LEDで問題ないかどうかわからないのでマウスを購入する場合はマイクロソフト一拓の状態が続いています。ちなみに、実家へ帰省した際は絨毯の上でマウスを転がすケースもあるのですが、ブルートラックタイプのマウスで困ったケースはないですね。

 もともとは有線マウス信者の私ですが、これだけ無線マウスが値段的にもこなれてくると、無線でもいいかという気になってきます。電池切れの際に「キーッ、やっぱ使えねぇ」になる可能性もありますが。

 ちなみに今回購入したマウスはブルートラックなのを覗けば、左右ボタン+ホイールの一番普通なヤツですが、もう一つ新しいモデルだと、チルトホイール付きのヤツが実売で二千円を切っているのですな。

 しばらくは家ではこのマウスを使って、電池切れの時だけ有線とかになりそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.31

Nexus7(2013)ケース兼キーボード(アイソレーションタイプ)を試す

 Nexus7(2013)に使えるキーボードで、使わない時はタブレットのフタとして使えるタイプのヤツがあります。

 それのキーボードがアイソレーションタイプのヤツがあったのでポチッとしてみました。amazonの最低価格で見ると、アイソレーションじゃないヤツよりちょっとだけお高め。


 実際に使ってみると…

 キーは小さいです。Nexus7の横幅に一通りのキーを詰め込んでありますから当たり前。キータッチは安っぽいですがまぁこんなもんかなと。キーはアイソレーションタイプになっているのでうっかり隣のキーを押しちゃうとかは少なそう。

 ただ、一番の問題は「スペースキーが超押しづらい」ってことではないかと。キーをアイソレーショタイプにしたせいか、以前の製品と比較してキー配置が換わっています。スペースキーの右側にキーがいくつか移動してきていて、そのせいでスペースキーが短くなっています。で、スペースキーの手前にはフタとしてタブレットにロックするための爪がそそりたっているわけです。こんな感じ。

Dsc_0174a

 この突起を気にせずにスペースキー押せる人ならお勧め。ここが許せない人は多分使えないと思います。
Nexus7本体を立てるためのスタンドにもなるので、機能的にはすごくいいんですけどねー。

 以前に購入したマイクロソフトのBluetoothキーボードと、今回のカバー兼キーボードを両方使ってみて、自分の中のタブレット用キーボードの「こんなだったらいいな」というのが少し見えてきた気がします。

・カバンに入るのであれば、Nexus7本体よりちょっとぐらい大きくても構わない。ただしカバンの中でかさばらないために薄い方がよさそう
・スイッチでちゃんと電源が入り切りできる方が好み。マイクロソフトのヤツはポータブルタイプだけど、重いカバーで損していると思います。

 って感じでしょうか。いやもおポケモンタイピングDSのキーボードがよさそうに見えて仕方がない感じです(笑) 後はデザインがMac系っぽい、見た目が薄いヤツとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧