« Lua 5.4.6 for X68000 について | トップページ

2023.10.10

Lua 5.4.6 for X68000 r2 について

先日公開したX68000用Luaインタプリタのまずい点を修正したので更新版をリリースしました。

Lua 5.4.6 for X68000 r2

修正点は二つ。

一つはヒープメモリを大幅に増やしたこと。Luaはメモリを食うので、X68000環境で動かす場合はヒープを適切に増やしておく必要があります。この修正はMakefile.x68のリンク時オプションの変更で対応しています。ビルドのためにはHLKを使用する必要があります。

 

もう一つはfloat(double)の数値を整数に変換する処理に不具合があったの修正。

for i=1, 5.0 do

とか

math.tointeger(3.0)

とかがうまく動かないというお粗末な状態だったのを治しました。修正の代わりにlong intに収まらないdoubleの値があると誤動作すると思われます(汗)。この不具合はコンパイラの挙動がまずいと思われるのですが、、、マクロを関数で代用するとパフォーマンス落ちそうだしなあ。どうすべか。

|

« Lua 5.4.6 for X68000 について | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lua 5.4.6 for X68000 について | トップページ