« 2019年6月 | トップページ | 2020年10月 »

2019.07.23

亡くなった親の生命保険の手続き

 亡くなった両親に関する銀行口座の解約手続きが完了し、残るは父の生命保険の保険金に関する手続き。
 ウチの父の生命保険についてややこしいのは、受取人が母(父より先に没)になっていたこと。
 まずは保険会社に電話して、事情を説明して保険の受け取り手続きの申請書を送ってもらうことに。
 申請書はどこに何を書けばいいか、ちゃんと例を見ながら書けばいいようになっていて、さらに保険会社の方で「この欄は記入してください」的に付箋が貼ってあっていたれりつくせり。
 申請時に添付する書類は毎度のごとくで、今回は母の法定相続人である私と姉の三人の親子関係を確認できる書類として戸除籍謄本(原戸籍含む)が必要とのこと。あと、受け取り手続きを行う代表者の選任書類も必要で、これは私と姉の自署と実印の押印が必要で、さらに印鑑証明もつけてくれと。印鑑証明や戸除籍謄本は〇か月以内のものとか制約があったりするので注意。
 書類を一通り揃えたところで、保険会社の人に家まで来てもらって、書類を確認してもらうことに。戸除籍謄本の代わりに法定相続情報の書類じゃダメか聞いてみたのですが、どうも前例がないみたいでよくわからんとのこと。仕方がないので法定相続情報一覧図と戸除籍謄本のコピーを両方添付して万全の体制を取ることに。銀行口座の解約も登記の相続も、車の売却にも使えるんだから生命保険の手続きでも戸籍謄本の代わりにサクサク使えるようになってほしいものです。
 あとは保険屋さんに持って帰ってもらって処理してもらうことに。実際の事務手続きの中で何かあれば連絡が来る予定。
 そんなこんなで生命保険の手続きも完了。その他、父の所有していた自動車の保険の解約とかも済ませたし、4月ぐらいに申請した年金の後始末も完了(未払い分があったので、私の銀行口座に振り込みがあった)。
 これで相続関連の手続きは完了したはず(…あ、未登記不動産の所有者変更届があるなぁ)。あとは墓を建てて一年祭まで済ませれば一段落かなぁと。

| | コメント (0)

2019.07.08

亡くなった親の銀行口座の解約・ゆうちょ編

 実家の方の郵便局で「解約はどこの郵便局でもできますよー」と言われたゆうちょの口座、有休を取って解約手続きしてきました。

 

 父も母もゆうちょの口座には大きな金額は入ってなかったため、簡易的な手続きで解約できました。ウチの場合は必要な資料は以下の感じ。印鑑証明は要求されなかったなぁ。金額によっては必要な書類はさらに少ない場合もあるようです。

 

・亡くなった人の通帳

・亡くなった人の死亡したことがわかる戸除籍謄本

・申請者と亡くなった人の関係がわかる戸籍謄本(原戸籍)

・申請者の身分証明(免許証とか)

 

 局員さんに教えてもらいながら、郵便局に用意されている相続関係を記入する書類に関係者(父母、姉、私)を記入するのと、口座解約申請書みたいなのに必要事項を記入して、持って行った書類を職員さんに預けて(返してもらえます)待つことしばしで解約完了。

 うちは簡易的な解約手続きで済みましたが、金額が大きい場合は他の銀行と同じような手続きになると思われます。その場合はゆうちょの事務手続きセンターに書類が送られて処理する形になるので、時間もかかるとのこと。

| | コメント (0)

2019.07.06

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・登記物件の相続

実家で済ませないといけない銀行口座の解約も済んだので、残る手続きもあと少し。

じゃあ次はと言うことで、亡き父の名義の不動産を自分の名義に変更することにしました。

銀行口座の解約のために準備したアレコレももちろん使うのですが、不動産の相続の登記変更のためだけに、以下のものを用意する必要があります。

・固定資産税の通知書
→毎年春に名義人に送られてくるヤツ。相続すべき不動産をリストアップするのにはこれが一番。相続の予定がある人は持ち主と情報を共有しておくことをお勧めします。

・相続する不動産の登記謄本
→私は固定資産税の通知書をベースに、自分で登記謄本を取得してみました。今はネットで申請して入手できます(費用はネットバンキングかペイジーで精算できます)。


・固定資産評価証明書
→不動産所在地の市町村役場で取得できます。これが無いと相続時の登録免許税の計算ができません。固定資産税の通知書でリストアップした案件について請求をかけましょう。

 あとは銀行口座の解約に使った戸籍関係の書類とか住民票とか遺産分割協議書とか相続人全員の印鑑証明とかあればOK。もちろん法定相続情報一覧図も使えます。

 ここまで揃ったら、登記申請書(相続用のひな形はリンク先の18~22あたり)を作成して、登録免許税を計算して収入印紙を買って、法務局で申請すればいいのですが…ウチの場合、実家の土地が複数の番地に分かれていたりして登記申請書を間違えずに書くのが面倒そうだったので、固定資産評価証明書の取得と合わせて近所の司法書士に依頼してしまいました。当然仕事料も発生しますので全部自分でやるよりもお金がかかりますが、チョー楽です

 登記謄本、法定相続情報一覧図、遺産分割協議書まで揃えて持ってくる依頼人は珍しいらしく「申請まで自分でいけるんじゃないですか」とか言われましたが、自分的にはここから先が面倒だなと言うわけで。

 依頼して一週間ちょいで名義変更が完了し、登記識別情報通知(いわゆる権利書)やその他の資料をもらいました。大きな肩の荷が一つ降りた感じです。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2020年10月 »