« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017.09.23

WAKWAK + WN-AX1167GR + DS-Liteでちょっとだけ苦労する。

 WAKWAKでIPv6(IPoE)接続トライアルを申し込み、DS-Lite対応ルータ(WN-AX1167GR)も注文。

 接続トライアルの設定が完了した時点で、

・IPv4はPPPoEでやりとり
・IPv6はIPoEでやりとり

 という状態になり、この時点でIPv6パケットは夜間の低速度から解放されることに。といってもIPv6ネイティブ対応していて、ウチがありがたいサービスってYoutubeぐらいなんだよなぁ。ドコモがdTVとかdアニメとか対応してくれるとありがたみが増すんですが。

 そしてルータが届いて「これでIPv4も遅くならずに快適生活だ」と意気込んだわけですが、ちょっとだけ接続で苦労したのです。

 まずはうちの環境ですが、DS-Lite対応ルータを入れる前は、

VDSLモデム --- HGW --- 無線LANルータ(APモード) --- PC(有線)とかスマホ(Wi-Fi)

 となっていました。これを、

VDSLモデム --- HGW --- WN-AX1167GR(オートモード) --- PC(有線)

 としてみたところ、WN-AX1167GR(オートモード)がルータではなくWi-Fi APモードで起動していて、IPv4通信が全然速くない。ちなみに、PCのIPアドレスがWN-AX1167GRのDHCP配布アドレス(192.168.1.xx)ではなく、HGWのDHCPの配布アドレス(192.168.0.xx)になっていたことから発覚。

 仕方ないので、WN-AX1167GRをカスタムモードに切り替えて再起動し、インターネットの接続方式を手動で"transix"に変更。これでPCに割り当てられたIPアドレスが192.168.1.xxになり、速度測定サイトでIPv4の通信速度が60Mbps~となり「やった!」と思ったのですが、インターネット上のIPv6接続のチェックサイトを使ってみても、"IPv6接続になってないよ"と言われる始末。うん、何かおかしいね。

 ここでPCを再起動してみたところ、やっとこさIPv6接続のチェックサイトでも"OK"になることを確認。IPv4の通信速度も落ちてない。ふぅ。「困ったときは再起動」は基本ですね。

 なお、以前からWiFi APとして使っていた無線LANルータはUSBメモリを挿して簡易NASとしても使っていたため、そのまま我が家のネットワークに居座ることに。

 ここまでやって、やっとフレッツ光プレミアムの使い勝手/速度に戻っただけとも言いますw
 IPv6ネイティブなサービスも使えるようになったのでその分はプラスですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.21

速度が遅いフレッツ光ネクストの改善を図る

 フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへ変更したわけですが、夜間は速度が劇的に悪化するのでなんとかすることに。

 速度が悪化するのは、フレッツ光ネクストの土台であるNGNからインターネット(プロバイダ)へ出ていくところ(POI)が混雑しまくりでどうにもならんと。
 で、最近は混雑部分を回避するために、IPv4 over IPv6を使うのが流行りってことなので、素直にそれに乗っかることに。

 そうなると、まずは自分の使っているプロバイダでIPv4 over IPv6ができるのかとなります。ちなみにウチが使っているプロバイダはWAKWAKです。Bフレッツを使っていたころに契約した安いプランがまだ生きていまして、今回のネクストへの変更の際に問い合わせて、契約上の回線速度が200Mbpsまでは変更しなくてもいいと言われていますw

 WAKWAKは数年前にフレッツ光ネクストがIPv6のPPPoE接続やIPoE接続を提供し始めた時に、全然対応するそぶりを見せなかったのですが、最近になってIPoE接続をトライアルという形で提供を始めました。トライアル終了まではオプション料金とか無しで、今使っている料金コースの値段だけで使えると。なおかつ、IPv4 over IPv6についてはDS-Liteという方式で対応しているという情報が2chあたりで散見されたので「もうこれで行くしかない」と。

 そんなわけでWAKWAKにIPv6接続トライアルを申し込み、DS-Lite対応のルータとしてIO-DATAのWN-AX1167GR
をチョイス。決めた理由は値段が安かったから。

 ネットでいろいろ検索してみると、このルータでDS-Liteする場合、オートモードでHGWのLANポートに接続するだけで自動設定してくれるとのことだったので「こりゃあ楽だわ」と思ったのですが、ウチの場合はそこまで簡単には進みませんでした(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.19

今頃になってフレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへ

 フレッツ光プレミアムが2019年頭にサービス停止になると発表されたのが2016年6月、さらに2019年1月末停止と確定情報になったのが2017年6月。そんなわけで我が家のフレッツ光プレミアムをフレッツ光ネクストへ変更しました。

 元々、Bフレッツマンションタイプを使っていて、移行の工事費タダにするからと言われてフレッツ光プレミアムに乗り換えたのが2012年4月~5月ぐらい。その後、うちのアパートがネクストのサービスエリアに入ったことを知り、乗り換えを考えたことはあったのですが、

・工事費がかかる
・マンションVDSLなのでスピードはいいとこ100Mbpsで頭打ちなのが見えている

 といった具合で「明確なメリットが見えてない」という結論で移行は見送っていました。
 また、光コラボレーションのサービスが始まった時も、

・そもそもうちはフレッツのずっと^2割に入っていて割引率も結構よく、プロバイダも安いトコを選んでいたので、光コラボを見ても「安い」と思わなかった。
・業者決めて光コラボに移行したら、他のコラボ業者に変更できない(解約→新規加入になっちゃう)

 という状況でこちらも食指が動かずといった状況。

 とは言え、そろそろあっちこっちの業者から「ネクストいかがっすかぁ」「光コラボいかがっすかぁ」と売り込みが来るようになり、プレミアム→ネクストの変更なら工事費もかからなくなったため、もうそれで決定することに。

 NTTへ申し込んでみると、フレッツ光プレミアム(マンションVDSL)からフレッツ光ネクスト(マンションVDSL)の場合、

・VDSLモデム(100Mbps)→新しいVDSLモデム(100Mbps)に交換しますので返却してください
・CTU→ホームゲートウェイ(HGW)に変更しますので返却してください
・ひかり電話アダプタ→HGWに機能が入っているので返却してください

 という感じになります。新しい機材は工事日より前に送付するので、工事完了以降に自分で付け替えてくれ、と。

 ちなみに、切替工事のちょっと前ぐらいに、フレッツ光プレミアムの回線速度を計ってみたところ、夕方から深夜までのゴールデンタイムでも60~70Mbpsぐらい出ていたりしてすごく快適な状況。新規加入を打ち切って、利用者がどんどん減っているはずのサービスの底力を見たw

 そして工事日に切り替えが完了し、新しい装置に切り替え完了し、回線速度を測定してみたところ、まずは80Mbps超の数字を見て満足したのですが…うん、フレッツ光ネクストはゴールデンタイムはそんなスピード出ないんだね…10Mbpsも出ないことも結構あるなーと。

 というわけでこのままでは悔しいので改善を図ることに(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »