« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017.05.23

HUAWEI NOVAと百均のiPhone用スタンド

 またしてもHUAWEI NOVAの話題です。

 ダイソーで売っているスマホスタンドの中に、iPhone用の木製スタンドがあります。こういうヤツ。

Img_20170522_221601_3

 HUAWEI NOVAって、iPhone5sとか6とかとサイズが近いので、ケースとかつけてなければ実はこのスタンドに挿せてしまうという。
 しかもスピーカーの位置がiPhoneとほとんど同じのため、スタンドのスピーカー機能がそのまま使えてしまうという。

Img_20170522_221651_3

 さらにさらに、NOVAの純正USB type Cケーブルなら、このスタンドのケーブル穴に通せてしまうので、
充電もできなくなはないです。ただし、コネクタ部が長い&ケーブルが固いので、スタンドの下に下駄をかませて、ケーブルの曲げを緩和してやったほうがよさそう。ちなみに、ドコモのUSB type C充電器やNexus5Xの純正のType Cケーブルはコネクタがちょっと大きめなのでこのスタンドのケーブル穴には通せなかったり。

Img_20170522_221903_3

 とまあ、百均のスタンド一つで結構実用的に遊べます。まぁ、このスタンドは木製なので、他のスマホを挿す場合でも現物合わせであっちを削ったりこっちを削ったりすればなんとかなりそうです。

 …しかし、スピーカーの位置がiPhoneと同じなおかげでこうまで遊べるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.10

オーブントースターのリプレース

 結婚した時に新規に購入して使っていたオーブントースター(今は亡きSANYO製)があるのですが、16年以上も使っているとさすがにくたびれてきました。2~3分で済むはずのトーストが5~6分かかるぐらいって感じでしょうか。

 さすがに嫁さんが「買い替えたい」と言ってきたので購入を検討することに。嫁さんの条件としては、

・設置場所の制約があるので、山型食パンを2枚同時に焼けるサイズで可能な限りコンパクトなこと

 って感じです。

 まずはネットでいろいろ調べまして、象印やタイガーやアイリスオーヤマや山善あたりのそこそこ廉価なものをチェック。ちょっと前から「蒸気でトーストがふっくらと!」みたいな高級機種は最初から除外です。

 そうすると見えてきたのは、消費電力が1000wクラスぐらいまでだと設置に必要なサイズがウチの要求スペックに合うのですが、1300wクラスになるとアウト、ということ。
 25~26cmぐらいの丸いピザをそのまま焼けます!とか言っているモデルはだいたい1300wクラスで焼き網が正方形に近くなるので、我が家的には設置場所の都合でアウトです。

 家電製品は故障の際のサポートの問題もあるので、購入候補の機種をいくつか選んで近所の大きな家電量販店へ行ってみたのですが…ウチが候補に選んだ機種が売ってないという orz

 ウチが候補に選んだ機種って、いわゆる「ミドルクラスの中ではちょっといい機種」になるらしく、そういう機種はだいたい店に置いてないようです。在庫を売れ筋にしぼりたい実店舗は「とにかく安い機種」や「ハイエンドの機種」に偏りがちで、ミドルクラスはガン無視と。

 そんなわけで、結局近所では買わずに通販でポチることに。初期不良にあたることもなく、嫁さんも性能に満足して使っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.08

HUAWEI NOVAの画面保護フィルム

 自分にとって手頃な大きさ+DSDS運用の快適さがポイントのHUAWEI NOVAですが、今回は画面保護フィルムの話です。

 併用しているNexus5Xではいわゆるガラスフィルムの貼りやすさから「ガラスフィルム最高!」って感じだったのですが、NOVAはいわゆる2.5Dガラスという、画面の端っこが丸められているタイプ。このため、ガラスフィルムによってはフィルムのサイズが不適切なためにフィルムの端っこが画面の端っこに密着せず、若干浮くケースがあるとのこと。
 そーゆーのはイヤだなぁと、他のタイプを調べてみたところ、柔らかいTPU素材の保護フィルムで、画面の端までカバーしつつ浮かないタイプがあるとのことで、よさそうなものをamazonでポチっと。

 問題があるとしたら、柔らか素材のフィルムって、綺麗に貼れずに気泡とか残っちゃって、泣く泣くその状態で使う…なんてのが考えられますが、今回購入した商品はYoutubeに貼りつけ手順のビデオとか登録されていまして、それを見ながら挑戦したところ、ほぼ満足できる仕上がりになりました。どっちかというと不器用な自分がおおむね問題なく貼れていますので、丁寧に作業すれば誰でもマトモに貼れるのではないかと。

 素材がTPUなので、フィルム表面にはわずかですが弾力性があります。このため、例えばポケットの中でフィルム表面に何か硬いものが長時間押し付けられると、わずかですが跡がつくことがあります。とはいえ、外光の反射する角度によっては「あ、跡がついているな」とわかるレベルで、スマホを使う際に気になるレベルではありません。

 指を画面上で滑らせる際のスムーズさや、皮脂汚れの拭き取りやすさではフィルム無しの液晶画面の方が優れているような気もしますが、この辺はガラスフィルムでもフィルム無しに勝てないケースがある話なので、妥協できる範囲かなと。

 というわけで、柔らかい素材の保護フィルムを見直したのでした。あとはまぁ、販売業者の個別のユーザーサポートはあんまりあてにならないかなぁと…amazonの商品紹介の日本語が怪しかったりするし。「amazon.co.jpが発送します」の商品を選べば商品は送られてきますけども。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.06

ドラマ「岐阜にイジュー!」

 この春(2017年4月)からメーテレ(名古屋テレビ)が深夜ドラマで「岐阜にイジュー!」というドラマをやっています。全10話なので6月ぐらいまで放送するみたい。ローカル枠のドラマっぽいので、どうしたら見れるのかなと思ったのですが、調べてみたら最新話をTVerで配信していました。

 このドラマの舞台の「岐阜県加茂郡白川町」は自分の出身地でして、毎回「今日は地元のどこの店が出てくるのかな」とドラマ本体からずれた部分で興味深々で見ています。第1話でも第2話でも見覚えのある近所の店、その店のおばちゃんや大将がが出てまして、ええ感じで笑わせてもらいました。嫁さんや息子も帰省の際に見たり寄ったりして見覚えのある店が出ているので楽しく笑っています。

 この白川町、同じ岐阜県にある世界遺産で有名な白川郷(白川村)とやたら間違われるのですが、それを逆手にとって、

白川郷じゃないよ、白川町だよ

というキャッチコピーで売り出し中らしいです…。そうだね、白川郷で売ってる「白川茶」のペットボトルはメイドイン白川町だしね!

 ドラマの中で、「女の子二人で田舎に引っ越しなんて、えらいねぇ」的なセリフがあったのですが、この場合の「えらい」は「立派(偉い)」ではなく「大変」「とか「しんどい」の意味です。東海地方では普通の方言なのですが、関東や関西に行くと通じないみたい。

 そんなわけで「故郷は遠くにありて想うもの」を地で行く我が家なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

HUAWEI NOVAのDSDS運用

 "2台目のスマホ"としてHUAWEI NOVAを購入したわけですが、今回の目的の一つに、音声通話用のガラホ(SH-06G/FOMA契約)を持ち歩かなくて済むようにDSDS運用とする、ってのがあります。そんなわけで商品が届いたその日にやったこと。

 そうそう、以前にSH-06Gを購入した時点で、ドコモのメールはマルチデバイス運用を許可する設定にして、スマホにIMAP対応のメールクライアントをインストールしてあります。
 今回はそれに加えて、ガラホにメッセージRやメッセージSが届かないようにドコモのサイトへアクセスして設定をしておきます。詳しくはこの辺を参照。このサイトでも設定変更がよくわからない場合は、配信済みのメッセージRの文末の方にある「配信解除」に関するリンクからブラウザ起動して設定変更すればOK。

 で、運用本番。私の場合はこんな感じ。

(1)まず、データ通信用のIIJmio(通話契約なし)のSIMをSIMスロット1(microSDと共用スロットじゃ「ない」方)にセットして普通に起動。APNはデフォルトのリストの中からIIJmioを選択すればOK。

(2)IIJmioのSIMでデータ通信できることを確認したら、電源を落としてSIM2(microSDと共用スロットの方)にドコモのFOMA契約のSIMを挿して端末を電源ON。

(3)起動したNOVAの「設定」→「デュアルカード設定」でいろいろ設定。「4G/3Gスロット」はカード1(IIJmioのSIM)に、「デュアルSIM通話中」は「シンプル SIM2(ドコモのFOMAのSIM)」に設定。

 だいたいこんなもんです。これで音声通話/SMSをNOVAに移行できました。ドコモのSIMはデータ通信するつもりはないので、APNの設定は不要というスタンスです。NOVAのデフォルトのAPNのリストにドコモのAPN(spmode)は入ってなかったのでちょうどいいや、って感じ。

 なお、ドコモのFOMA契約のSIMカードには世代がいろいろあって、モノによってはDSDS運用がうまくできないケースもあるようです。私の場合は去年SH906iからSH-06Gに機種変更する際にサイズ変更のために再発行してもらったFOMA契約のnano SIMで問題ありませんでした。古い大きなサイズのSIMをカットして使うようなケースでなければ多分大丈夫だと思うんですけどね…どうしてもって場合はドコモショップへ行って、FOMA契約のSIMカードのnano SIMへのサイズ変更を依頼すれば、手数料はかかりますが運用トラブルの無いSIMカードが入手できると思われ。

 これでSH-06Gを含めた3台持ち運用から、スマホだけの2台持ち運用へ変更できたのですが…うん、台数が減って快適運用ですわ。SH-06Gは自宅の目覚まし時計として余生をすごしてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.02

HUAWEI NOVAを購入

 4月の半ばぐらいまでスマホはNexus5XとポケモンGO用に借り物のSH-02J、あと通話専用のガラホのSH-06Gの3台持ち、同時運用というスタイルだったのですが、SH-02Jを返却する必要が出てきたため、新しいスマホを買おうかな、という話になりました。

 通話専用にしているSH-06Gをスマホと一緒に持ち歩くのがちょっと面倒になってきたので、ここはひとつ、いわゆるDSDS(デュアルスタンバイ)の端末を試してみるのもいいかなーと。
 2017年4月現在、DSDSをお安く試せる機種と言うとgooのg07/g07+なのですが、こいつは画面サイズが5.5インチと大きめです。Nexus5X(5.2インチ)とSH-02J(5インチ)で二台持ちを試した経験から言うと、私の好みは5インチがベスト、5.2インチは許容できる上限、5.5インチはできれば遠慮したい、という感じ。

 他にはモトローラのG5が5インチで夏頃にDSDS対応予定とのことなのですが、4月時点では未対応、なおかつメインメモリのスペックがRAM 2GBというのがちょいと気になる感じ。できれば3GBあると安心だし。

 MVNO向けの安価なスマホというと、ちょうどHUAWEIのNOVA liteが人気が出ている時期だったのですが、NOVA liteはRAM 3GBはいい感じなのですが、DSDS非対応ってことで候補から外しました。

 そんなわけで、ちょうどネットでセールがかかっていたこともあり、HUAWEI NOVAがディスプレイが5インチ、DSDS対応、RAMも3GBということで購入することに。ちょいと気になったのは、Wi-Fiが5GHz帯(802.11a/ac)に対応していないことぐらいでしょうか。ここを妥協しないとZenfone3の5.2インチのヤツぐらいしか候補がなくなってしまい、値段がもう少し上がっちゃうのでここは妥協しました。

 NOVA自体は何の問題もなく届きまして、Nexus5Xと併用することに。

Img_20170502_103903

 使い始めてまず感じたのは、持ちやすさ。ディスプレイは5インチなのですが、ほぼ同サイズの液晶を積んだSH-02Jより、ほんの一回り小さく、その分持ちやすい感じ。SH-02Jも大きなスマホが苦手な人にもかなり持ちやすい、いい感じのサイズなのですが、それよりも好印象。標準でプラスチックのハードケースがついてきますが、それをつけてもコンパクトさは損なわれません。私個人としてはビバ!ジャスト5インチLCDという好みを再確認することになりました。

 ソフトの使い勝手などについてはまた書きますが、性能的にはRAM3GB搭載のごく普通のミドルクラスのスマホです。よほど重いアプリでなければ、ポケモンGOをはじめごくごく普通に使う分には何の問題もなし。総じて満足度が高い買い物になりました。あ、でもNFCがついてないので、ウチの体重計や血圧計、万歩計との連携はできないかな。その辺はNexus5Xのお仕事ってことで。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »