« メガーヌが修理から返ってきました。 | トップページ | ヘルスケア二題 »

2017.02.28

ウェルネスリンク対応の活動量計を買ってみる

 近所のディスカウントショップでウェルネスリンク対応の活動量計が処分価格になっているのを見て、思わず保護してレジへ持っていってしまいました。

↓amazonだとコレになります。

 機能として万歩計+活動量計+スマホへのデータ転送となります。後継機種だと上り階段や早歩きのカロリー消費をカウントしてくれたりするみたいですが、そういうのは無し。

 万歩計としてはやや高いお値段ですが、ウェルネスリンクでスマホへデータ通信できる機能がついていると考えると…でも、Google Fitで歩数と活動量はカウントできてるしなぁ。

 ものは試しと、Nexus5XのGoogle Fitと併用して歩数+活動量を比較してみましたが、だいたい似たような数字になったので、精度はこんなもんかなぁと。むしろGoogle Fitがそこそこ精度出ているのに感心しました。

 スマホへの転送(NFC経由)ももちろん問題なし。ただ、ウェルネスリンクのクラウドサービスは今年の12月いっぱいで終了なので、それ以降はクラウドではないアプリ(わたしムーブ)への転送のみになります。

 私が今持っているウェルネスリンク対応機器は、最終的にわたしムーブでデータ取り込みできるので、当面は最低限のデータ管理はなんとかなりそうです。私の場合は体重(含体脂肪率など)、血圧&脈拍、そしてこの活動量計が対象になります。

 実はウェルネスリンクの終了宣言が出てから、血圧&脈拍は数値を手入力できる血圧管理アプリでも記録しています。血圧と脈拍だけなら実は手入力でもあまり手間ではないと実感しています。むしろ、Google Fitが血圧と脈拍の記録をサポートしてくれれば、手入力でもいいから管理アプリが一本化できるのに…と感じている今日この頃だったりします。

|

« メガーヌが修理から返ってきました。 | トップページ | ヘルスケア二題 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4388/64944237

この記事へのトラックバック一覧です: ウェルネスリンク対応の活動量計を買ってみる:

« メガーヌが修理から返ってきました。 | トップページ | ヘルスケア二題 »