2022.07.28

A&D UA-651BLE plus と MedM Blood Pressure Diary でGoogle Fitにデータ連携する

 なんかすげー久しぶりに記事を書いております。今回はヘルスケアなお話です。

 

(ちなみに前振りが長いですw)

 

 年齢を重ねるにしたがって、カラダのあちこちにいろいろ不都合が出てくるようになります。私も「内臓脂肪がヤバいんじゃ?痩せましょう」とか「血圧高いですね、お薬飲みましょう」とか言われてから結構立ちます。

 

 そこで体重計とか血圧計とか購入してスマホやPCへデータを吸い上げていろいろ管理したいわけですよ、グラフとか見ちゃったりして。

 

 ちょうどあの頃はドコモが「ウェルネスリンク」とか言ってFeliCa(というかNFC)経由でPCやスマホにデータを吸い上げるというサービスを行っていたころで、私も体重計・血圧計・万歩計とウェルネスリンク対応で揃えましたよ、ええ。

 

 ・・・何年かしましたら、ドコモが「ウェルネスリンクやめるわ」という話になりまして、それでもしばらくはクラウド上のでサーバも動かし続けてくれたので「わたしムーブ」アプリとかでデータを吸い上げてみることができたんですよ。
 ・・・それからさらに時が過ぎ、ちょっと前にそのサーバも止まっちゃいまして、ウェルネスリンク機器で取得したライフログを吸い上げようと思ったら、USB対応のNFCリーダ(ウェルネスリンク対応品)を購入してPC上のアプリに吸い上げるぐらいしか手がなくなりました。

 

ウェルネスリンク機器対応のNFCリーダ:USB通信トレイ(HHX-IT4) ウェルネスリンク機器専用 測定記録取り込みソフトウェア: Windows用Mac用

 

 NFCリーダも買ったし、PC版アプリも使ってみてデータを吸い上げられるのはありがたかったんですが、どうせならやっぱスマホのヘルスケアアプリと連携できるのが楽でいいよなと。ぶっちゃけAndroidでGoogle Fitと(できればサブスク料金とかなしで)連携したいと、、、

 ちなみにiPhoneなら大抵のBluetooth対応の体重計や血圧計とメーカー純正アプリの組み合わせでヘルスケア連携してくれるのでだいたい問題ないです。メーカー純正アプリの説明に「ヘルスケアにデータを送れます」とか書いてあればまあ問題ない。あ、でも各メーカーサイトでちゃんと調べたほうがいいですよ。

 しかし、Androidの場合は、、、いろいろ調べてみると、ヘスルケアデータをGoogle Fitに集めようとすると血圧計がネックになります。ほとんど選択肢が無い。体重計や活動量計はなんとでもなるのですが、血圧計だけはなんともならないという。

 日本の市場でコンシューマ向けのメジャーな血圧計と言いますと、まずはオムロンなのですが、、、omron connectはGoogle Fitに連携してくれません。体重や活動量は連携してくれるのに、血圧計データだけダメなんですよね、なんでや。

(なお、Samsungの"S Health"アプリと、ヘスルケアデータの連携を仲立ちするアプリ"Health Sync"(有料)を併用するとオムロンの血圧計で測定したデータをGoogle Fitまで送り込めます。詳しくはおふぃすかぶ.jpさんのこのあたりの記事を参照ください)

(2022.12.11追記) Googleが発表した ヘルスコネクト は Samsung S Health と Google Fitを連携してくれるようですので、Omron機器→S Health → Google Fitと連携できるかもしれません。(追記終わり)  

 あとはエレコムさんの血圧計、HCM-AS01BTWHとかHCM-WS01BTWHとか。これはメーカーの純正アプリがGoogle Fitへの連携ができることをうたっているので問題なくできると思います。

 タニタさん(ヘルスプラネット)もパナソニックさんもシチズンさんもテルモさんもGoogle Fitへの連携はダメダメなんですよねぇ、、、

 ちなみに海外メーカーの製品だと、Withingの血圧計とか、QardioArmの血圧計とかあります。日本には正式輸入されてないのでBluetoothの技適が心配だなあとかいう人は買っちゃダメな奴です。

 とここまでが前振り、、、「なげぇよ!」って自分でも書いてて思ったよw

 

 そんなある日、Google Fitと連携できるアプリ一覧なんてーのを眺めては詳細をいろいろ見ていたところ、Blood Pressure Diary by MedMというアプリを見つけました。あれこれ調べてみると、「いろんなメーカーのBluetooth対応ヘルスケア機器(体重計とか血圧計とか活動量計とか)のデータをウチのアプリでどんどんデータ吸い上げちゃうぞ、あ、Google Fitとも連携できるよ」ってタイプのアプリらしい。本業はそういう汎用ライブラリというかフレームワークをソリューションとして提供する会社みたいですね。

 まあなんにせよ、私個人としては「Google Fitと連携できるよ!」ってのが重要です。ちなみにこの会社のアプリが対応しているヘルスケア機器のリストはこんな感じ。アプリは英語オンリーですが、日本のヘルスケア機器のメーカーさんもいくつか見えますね、、、オムロンとかタニタとかA&Dとか。

 ただ、タニタさんは血圧計はリストアップされておらず、オムロンさんは日本国内で普通に売っている機種がほとんど載ってない、、、A&DさんはUA-651BLEという機種が載っていました、、、がこの機種モデルチェンジしてディスコンなんですよ、、、ちなみにまだネット通販で売っているトコあります。

 後継機種はUA-651BLE plus。旧機種との違いは「カフと血圧計本体をつなぐコネクタ」がISO基準対応品に変更になったことと型番と見た目ぐらいらしい。

 この時点でものすごーくUA-651BLE plusを買って試したい気分になってきました、しかし心配点がいくつか。

・もし、旧機種とplusでBluetoothデバイスとして違う識別子を持っていたらどうしよう

・もし、日本国内向けと海外向けでBluetoothデバイスとして違う識別子を持っていたらどうしよう

 

 でもまあしゃあない、人柱気分でいっちょ試してみるか!ってことでネット通販でポチって入手したUA-651BLE plusが無事届き、アプリメーカーがYoutbeにアップロードしているペアリングのやり方とデータの吸い上げ方のビデオを見ながら試してみたら、無事にペアリングしてデータ吸い上げまでできました!(そしてGoogle Fitとのデータ連携もOK)

 

 ってことで目的を達成しました!ビバ自動連係!

 

 ちなみにBlood Pressure Diary by MedMについて補足しておくとこんな感じです。

・日本語非対応なので、一応英語力が必要(そんなに難しくないけど)

・アプリにメールアドレスとかアカウント登録すると、MedMさんのクラウドサービスにデータを保存できる。登録しなければスマホローカルにデータ保存する動作となるのですが、このスタンドアロン動作時でもGoogle Fit連携可能

・接続するBT対応血圧計が無い場合でも、Google Fitに血圧を手入力するためのフロントエンドとしても使える。シンプルなUIなので、そういいう目的にも割と使いやすい。

・MedMさん、他にも体重計のデータ連携アプリとか、ヘルスケア総合データ連携アプリとか出しています。

 

 というわけで「なぜかたまたま対応機器を持ってるぜ」とか「買い換える時に対応品買ってGoogle Fit連携を達成するのだ」というケースなら導入してみてもいいかもしれません、MedMのアプリ。

 ・・・ええ、iPhone&ヘルスケアならここまで苦労しないだろうという点については見て見ぬふりです、、、

 


 

| | コメント (0)

2021.05.28

Mayflash アケコンの新ファームウェア(2021年4月)

もう2021年5月末ですが、4月にMayflashのアケコンのファームウェアが更新されていたのでメモしておきます。

https://www.mayflash.com/Support/Download/

私の持っているF300だと "V1.23: Lowest 1-2ms input lag for all platforms"ということで、

おそらく入力遅延を改善したのではないかなと。

もちろん、F500/F500V2/F500Eliteのファームウェアも更新されてますよってことで。

アップデートの手順はこの辺で。

| | コメント (0)

2020.10.29

Mayflash F300/F300Elite 新ファームウェア

こっちの記事で Mayflash F300のメガドラミニ対応ファームウェアの半年遅れの情報を書いたら、それから一か月もしないうちに新しいファームウェアが出てるって、、、

今回は F300だと、"V1.20: Change the button mapping profile for NEOGEO Arcade Stick PRO to 8 buttons"とあり、ネオジオアーケードスティックPROに接続する時に、8ボタン割り当てができるようです。ドキュメント見たら「以前は4ボタンだけの割り当てでした」と書いてありました。

| | コメント (0)

2020.10.01

Mayflash F300がいつのまにかメガドライブミニに対応していた件

いやまあ題名の通りなんですが、、、2020年の4月には対応ファームウェア出ていたんですねぇ。知るの遅いよ自分w

しかもMayflashの他のアケコン製品も軒並み対応ですか。F500とかいつの間にかEliteとかV2とか出てるなぁ。

 

知ってしまった以上、アップデートして試してみねばなるまい。

ちなみにアップデートの手順はこの辺で。

メガドラミニに挿すときは、スイッチを"DINPUT/PS3"にしておけばあとは自動認識とドキュメントには書いてありますな。

…というわけで、、、うん、普通に使えます。やっぱりテーブルの上にアケコン置いてプレーすると安心感が違いますな。

| | コメント (0)

2019.07.23

亡くなった親の生命保険の手続き

 亡くなった両親に関する銀行口座の解約手続きが完了し、残るは父の生命保険の保険金に関する手続き。
 ウチの父の生命保険についてややこしいのは、受取人が母(父より先に没)になっていたこと。
 まずは保険会社に電話して、事情を説明して保険の受け取り手続きの申請書を送ってもらうことに。
 申請書はどこに何を書けばいいか、ちゃんと例を見ながら書けばいいようになっていて、さらに保険会社の方で「この欄は記入してください」的に付箋が貼ってあっていたれりつくせり。
 申請時に添付する書類は毎度のごとくで、今回は母の法定相続人である私と姉の三人の親子関係を確認できる書類として戸除籍謄本(原戸籍含む)が必要とのこと。あと、受け取り手続きを行う代表者の選任書類も必要で、これは私と姉の自署と実印の押印が必要で、さらに印鑑証明もつけてくれと。印鑑証明や戸除籍謄本は〇か月以内のものとか制約があったりするので注意。
 書類を一通り揃えたところで、保険会社の人に家まで来てもらって、書類を確認してもらうことに。戸除籍謄本の代わりに法定相続情報の書類じゃダメか聞いてみたのですが、どうも前例がないみたいでよくわからんとのこと。仕方がないので法定相続情報一覧図と戸除籍謄本のコピーを両方添付して万全の体制を取ることに。銀行口座の解約も登記の相続も、車の売却にも使えるんだから生命保険の手続きでも戸籍謄本の代わりにサクサク使えるようになってほしいものです。
 あとは保険屋さんに持って帰ってもらって処理してもらうことに。実際の事務手続きの中で何かあれば連絡が来る予定。
 そんなこんなで生命保険の手続きも完了。その他、父の所有していた自動車の保険の解約とかも済ませたし、4月ぐらいに申請した年金の後始末も完了(未払い分があったので、私の銀行口座に振り込みがあった)。
 これで相続関連の手続きは完了したはず(…あ、未登記不動産の所有者変更届があるなぁ)。あとは墓を建てて一年祭まで済ませれば一段落かなぁと。

| | コメント (0)

2019.07.08

亡くなった親の銀行口座の解約・ゆうちょ編

 実家の方の郵便局で「解約はどこの郵便局でもできますよー」と言われたゆうちょの口座、有休を取って解約手続きしてきました。

 

 父も母もゆうちょの口座には大きな金額は入ってなかったため、簡易的な手続きで解約できました。ウチの場合は必要な資料は以下の感じ。印鑑証明は要求されなかったなぁ。金額によっては必要な書類はさらに少ない場合もあるようです。

 

・亡くなった人の通帳

・亡くなった人の死亡したことがわかる戸除籍謄本

・申請者と亡くなった人の関係がわかる戸籍謄本(原戸籍)

・申請者の身分証明(免許証とか)

 

 局員さんに教えてもらいながら、郵便局に用意されている相続関係を記入する書類に関係者(父母、姉、私)を記入するのと、口座解約申請書みたいなのに必要事項を記入して、持って行った書類を職員さんに預けて(返してもらえます)待つことしばしで解約完了。

 うちは簡易的な解約手続きで済みましたが、金額が大きい場合は他の銀行と同じような手続きになると思われます。その場合はゆうちょの事務手続きセンターに書類が送られて処理する形になるので、時間もかかるとのこと。

| | コメント (0)

2019.07.06

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・登記物件の相続

実家で済ませないといけない銀行口座の解約も済んだので、残る手続きもあと少し。

じゃあ次はと言うことで、亡き父の名義の不動産を自分の名義に変更することにしました。

銀行口座の解約のために準備したアレコレももちろん使うのですが、不動産の相続の登記変更のためだけに、以下のものを用意する必要があります。

・固定資産税の通知書
→毎年春に名義人に送られてくるヤツ。相続すべき不動産をリストアップするのにはこれが一番。相続の予定がある人は持ち主と情報を共有しておくことをお勧めします。

・相続する不動産の登記謄本
→私は固定資産税の通知書をベースに、自分で登記謄本を取得してみました。今はネットで申請して入手できます(費用はネットバンキングかペイジーで精算できます)。


・固定資産評価証明書
→不動産所在地の市町村役場で取得できます。これが無いと相続時の登録免許税の計算ができません。固定資産税の通知書でリストアップした案件について請求をかけましょう。

 あとは銀行口座の解約に使った戸籍関係の書類とか住民票とか遺産分割協議書とか相続人全員の印鑑証明とかあればOK。もちろん法定相続情報一覧図も使えます。

 ここまで揃ったら、登記申請書(相続用のひな形はリンク先の18~22あたり)を作成して、登録免許税を計算して収入印紙を買って、法務局で申請すればいいのですが…ウチの場合、実家の土地が複数の番地に分かれていたりして登記申請書を間違えずに書くのが面倒そうだったので、固定資産評価証明書の取得と合わせて近所の司法書士に依頼してしまいました。当然仕事料も発生しますので全部自分でやるよりもお金がかかりますが、チョー楽です

 登記謄本、法定相続情報一覧図、遺産分割協議書まで揃えて持ってくる依頼人は珍しいらしく「申請まで自分でいけるんじゃないですか」とか言われましたが、自分的にはここから先が面倒だなと言うわけで。

 依頼して一週間ちょいで名義変更が完了し、登記識別情報通知(いわゆる権利書)やその他の資料をもらいました。大きな肩の荷が一つ降りた感じです。

| | コメント (0)

2019.06.16

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・銀行口座の解約

 相続のための資料を全部揃えたところで、有給休暇を取って実家へ戻り、亡くなった父母の銀行口座の解約手続きをしました。

 銀行の通帳自体は両親がまとまった場所に保管してくれていたので、手続きを行う金融機関ははっきりしているのですが、実家は商売をやっていた関係で取引のあった銀行は複数あります。ウチの場合はこんな感じでした。
 
・A銀行(父のみ)
・B信用金庫(父母)
・JAバンク(父のみ)
・ゆうちょ銀行(父母)

 通帳も総合口座通帳記載の普通預金&定期預金の他に、定期預金通帳のあるものや一口ごとの定期預金証書だけがあるものなど、親がまとめておいてくれなかったら混乱すること間違いなしという状況でしたよ。

 どの金融機関も基本的な手続きは一緒です。信用金庫と農協は雀の涙ほどの金額ですが出資債権なんかもあったのでその償還も一緒に行っています。 だいたいこんな感じ。

・窓口で故人の口座の解約を依頼したいと申し出る
・通帳の確認→ここで足りない通帳や証書があると紛失関連の手続きも発生するかもです
・解約書類に必要事項の記入と押印→押印は全部、相続人(私)の実印でOKでした
・現金で受け取るか、自分の銀行口座へ振り込んでもらうか選択→今回は振り込みを選択
・持ち込んだ各種書類と合わせて、解約作業を行ってもらう→時間がかかる場合は、返却可能な書類を返却してもらって次の金融機関へ

 持ち込む書類ですが、今までにブログで書いた「法務局に申請した法定相続情報一覧図」を提出することで、

・被相続人の誕生から死亡までの戸籍(除籍)謄本(これが枚数がやたら多くコピーするのも面倒な「紙の束」になります)
・被相続人の除籍票
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の住民票記載事項証明書(住民票の写し)

 の提出を省略できます。金融機関は通常、謄本や住民票については原本を受け取ってコピーを取り、コピーを取った書類は返却してくれるようなのですが、なにせコピーする書類の枚数が多いため「コピー作業に時間がかかる」ことになります。今回は一覧図を提出することで銀行側の書類確認時間が大幅に短縮され、その分一日に回れる銀行が増えるということでずいぶんありがたい制度だなと実感しました。銀行の職員さんも「話は聞いていましたが実物は初めて見ました」って言った人が複数いましたよ(笑)。

 法定相続情報一覧図以外には、遺産分割協議書と相続人の印鑑証明も提出が必要です。分割協議書はコピーを取ってその場で返却してくれます。印鑑証明は原本を金融機関の数だけ用意して行ったのですが、コピーを取って返却してくれるケースもあるようです。最近はコンビニで印鑑証明を取得できますが、コンビニのマルチコピー機で印字した証明書を持って行ったら「これコピーですか?」って聞かれたケースもありました。裏返すとちゃんと原本だってわかるんですけどね。

 あと、ゆうちょ銀行だけは実はまだ手続きが完了していません。これは念のために「故人の口座が他にないか照会をかけた」ためです。照会の手続きに時間がかかるため、手続きは結果が出てからになります。ゆうちょ銀行の口座の解約は全国の郵便局でできるため、実家へ行かなくてもいいのはハードルが低いです。

 もう一つ、ゆうちょ銀行だけは残高が100万円以下の口座の解約は手続きが簡単になっています。例えばこういったサイトの説明が参考になります。(追記:ゆうちょ銀行以外の銀行でも、残高が少額な場合は解約手続きが簡単になるケースがあるそうです)

 早ければ手続きした日のうちに自分の口座に振り込みが完了します。

 今回の帰省ではこの他に、実家の建物の火災保険(共済)の名義人の書き換えなんかもやりました。あと町役場へ行って、曾祖父の戸籍を誕生まで遡って取得したり。これで父方の直系先祖については、明治以降の取得可能な戸籍は全部取れまして、なんかこういろいろと「やりきった感」に溢れております(笑)。

| | コメント (0)

2019.06.01

α7III 液晶モニタにガラスフィルムを貼る

 デジカメのモニタにはあまりフィルムとか貼らない派だったのですが、今回は貼ってみることにしました。


 デジカメのモニタに貼るなら、ガラスタイプかなーとアバウトに考えて先人の評価を見てみようといろいと検索。ORMYのが割と評判いいのね…とamazonで検索かけてみたら、ガラス厚0.2mmの薄いやつが出てました。値段の差も許容範囲だったので、薄い方を買ってみることに。


 ガラスフィルムタイプのカバーのいいところは「気泡を気にせずに貼れる」ってのが大きいです。事前のガラス面の清掃とホコリの除去さえきちんとやっておけば、位置をちゃんと決めたガラスがモニタに吸い付くようにくっつくのが見ていて気持ちがいいです。



| | コメント (0)

2019.05.31

α7III 小指置き場事情 in 2019

α7IIIのいいところはボディがコンパクトなところ。でも最近の一眼デジカメは「いいレンズはでかい」がセオリーですから、ボディのコンパクトさがネガティブ要因になってしまうケースもあります。

αシリーズについて「小指 あまる」とか検索すると先人の苦労とその対策が出てくるわ出てくるわってなもんです。財布の中身に余裕のある人なら、純正の縦グリップやグリップエクステンション、あるいはRRSのL字ブラケットなんかがよさそう。もう少し軽い財布にも優しい対策がお好みの人には縦グリップの非純正互換品やSmallRigINPONのL字ブラケットなんかもよさそうです。

そのL字ブラケットですが、安いものは値段なりと言うか、高級品と比べていたらない点があって当たり前なわけです。しかし財布に優しいというメリットにはどうにも抗いがたい。というわけで、「値段」に特化したものを改めて探してみました。2019年5月時点でアマゾンで見つけたRRSのL字ブラケットのパチモンっぽいヤツで「2,000円」ってのを見つけました。製品の説明やユーザーレビューに記載があるのですが、これアルカスイスタイプのブラケットとしては致命的な問題がありまして、「アルカスイスタイプのクランプにはまらない」んです。切ってある溝の位置が微妙に高すぎなんですよ。でも、それ以外の点は結構いいセン行っていまして、

・ボディから電池蓋を外してブラケット側に取り付けられる
・小指が当たる場所に変な切り欠きとか無い
・サイドブラケットの位置をずらせる
・ブラケット側の三脚穴がレンズの軸線上にある

 …うん、グリップエクステンションの代わりとして割り切れる人なら、小指置き場としては最安級、かつ「小指が当たる場所に変な切り欠きがない」の二点は大きなメリットかと。

 

 ちなみに、上記のブラケットとほぼ同じ形状に見えて「ひょっとしたらアルカスイスのクランプにちゃんとハマりそう」なものも見つけました。買ってないので確証はないです。こちらは2019年5月現在で4,370円です。SmallRigのブラケットよりは安いって感じでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Invoja LPS-A7III [アルカスイス互換 クイックリリースプレート]
価格:4370円(税込、送料別) (2019/5/30時点)


 

 

| | コメント (0)

«ソニー α7III を購入