2019.05.15

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・法定相続情報一覧図の証明を申請する

 亡くなった両親の誕生から死亡までの戸籍が揃ったので、「法定相続情報証明制度」を利用するための「法定相続情報一覧図」を作成、申請することにしました。

 この一覧図を法務局に申請して証明をもらえれば、銀行口座の解約など相続時の手続きで提出する資料を減らすことができます。具体的には、

・被相続人の誕生から死亡までの戸籍謄本・住民票の除票
・相続人全員の戸籍謄本・住民票記載事項証明書

を法務局の証明付きの一覧図1枚で代用できます。解約する銀行口座が複数あるとか、相続人が多くて銀行へ持って行く紙の束が多くて辟易するような場合に活用できます。あと、不動産の登記を被相続人から相続人に書き換える際にも、銀行同様に資料として使えます。証明付き一覧図は何枚でも無料で発行してもらえます。うちの場合は父母のそれぞれの銀行口座がどちらも複数あり、実家へ戻った時に解約手続きを一気に進める予定のため、この制度を利用にチャレンジすることにしました。

 申請には「法定相続情報一覧図」「申請書」を作成して、被相続人・相続人の戸籍謄本・住民票(除票)と一緒に法務局へ持って行けば対応してもらえます。一覧図や申請書のひな形や記入例は法務局のWEBサイトに置いてありますので、それらを活用すれば素人の一般人でも作成できます。エクセルやワードがなくてもLibreOfficeとか使えば、多少レイアウトが崩れるとこを手直しす程度で提出用の書類がちゃんと作成できます。

 書類をそろえたら、法務局へ持って行きましょう。私が法務局へ行った際は、最初は「素人が法務局に、登記相談の予約もなしに何しに来たのかな」って感じだったのですが、「法定相続情報の一覧図の申請に来た」ことをなんとか伝えたところ、「じゃあ書類を確認しましょうか」ってことで申請書・一覧図・戸除籍謄本・住民票(除票)が揃っていることを確認して受け取ってもらえました。「訂正の必要なところとかあったら連絡しますね」と言われて提出完了。

 その日の夕方に「一覧図に記入漏れが一か所と、あと相続人のお姉さん、結婚して姓が変わってますよね」というツッコミをもらったので速攻で手元のデータを修正・印刷・押印して再提出に行きました。ちなみに、法務局の職員さんの方で訂正印押して修正する、という手も取れるようです。むしろその方が楽だよね。

 この制度、平成29年から開始したもので知名度もあまり高くないらしく、WEBで情報漁って素人が個人で提出に来るのはまだまだ珍しいようです。職員さんから「資料がちゃんとしてますね」って言われました。まぁ素人仕事にしては、って話でしょうけども。

 銀行口座の解約の手続きに関しては、銀行によっては「戸籍や住民票はコピーでもいいですよ」というケースもあるらしいです。すべての金融機関がコピーでいけるのかは不明なので事前に問い合わせるのがいいと思われます。そうやってコピーを必要枚数だけ取るか、一覧図を法務局で必要枚数だけ発行してもらうかは手間とコストの兼ね合いですが、個人的にはこの手続きを行うことで法務局をちょっと身近に感じるようになったのが面白ポイントです。

| | コメント (0)

2019.05.04

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・遺産分割協議書を作成する

 亡くなった親の戸籍を死亡から誕生まで遡って取得する件、なんとか父母とも戸籍が揃いました。親の車の処分にも、銀行口座の解約にも、生命保険の保険金の受取にも使う大事な書類です。

 父の戸籍は祖父が戸主の戸籍まで遡れば揃ったのですが、母の戸籍は曾祖父が戸主の戸籍にも「(孫)○○」という記載があったため、地元の市役所はそこまでコピーして送ってくれました。その戸籍には高祖父母の記載までありまして、この高祖父母が天保とか安政年間の生まれというところまでは戸籍から読み取れました。公的な書類で自分のルーツが江戸時代まで遡ったのを見たのはこれが初めてでして、妙に興奮しました(笑)。

 さて、親の銀行口座の解約のためには他にもいくつか書類があるのですが、その中で「遺産分割協議書」という書類があります。遺言などがある場合は話は別ですが、そうでない場合は相続人が相談して遺産の取り分を決めるわけです。「土地は○○に」「預貯金は××に」とかそういうの。

 ウチの場合、相続人は以下のようになります。

・母の遺産の相続人:父、姉、私

・父の遺産の相続人:姉、私

 ただし、父は母の遺産の相続を確定させる前に亡くなっているので、母の遺産をどうわけるかは姉と私で話し合って決めることになります…と思っていたら、どうも父が生前に姉と話をしていたらしく、父母の遺産は一括して私が相続することになっていました。

 そんなわけでネットでいろいろ調べてみると、司法書士事務所のホームページなどに遺産分割協議書のサンプルがいろいろありまして、こういうのを組み合わせればなんとかなりそうです。

 私が参考にしたのは以下のサイトです。上は数次相続(母の相続を確定させる前に父が亡くなったケース)、下は「全部○○が相続する」というパターンの協議書を作成するための参考にしています。

・税理士法人チェスター:「数次相続」がある場合の遺産分割協議書の記載方法【雛形付】

・司法書士田中聖之事務所:全財産を妻が相続する遺産分割協議書

 協議書が複数ページにまたがる場合は製本して割印を押す必要もあります。同人活動経験のある人なら得意分野なのではないかなーとか思いながらひな形をベースに父母の遺産分割協議書を作って、「署名と押印よろしく」と姉に一筆書いてもらえば協議書の完成となります。

 

| | コメント (0)

2019.04.21

ペンタックス K-20DのSDカードスロットの蓋が開かなくなったら

 自分がかつて使っていたデジタル一眼レフ、ペンタックスK-20D。

 感度設定低めでいける条件ならなかなかの絵を吐き出してくれるのですが、当時のデジカメは高感度撮影ではノイズまみれの絵が出てきてなかなかに厳しかった印象が残っています。その後、ペンタックスのK-5に乗り換えて基本的な性能にある程度満足したため、2019年現在までK-5を使っていたりします。

 そのK-20Dが押入れから出てきまして、動くかどうか軽くチェックしてみることにしました。

 電池を充電して、カメラにセットして、電源ON。おお、動くぞ!というわけで一応撮影はできそう。というかこのカメラSDカード入れたままだったよ!

 というわけでSDカードを取り出そうとカードスロットの蓋をオープンしようとすると…げ、開かない!

 K-20Dはカードスロットを開けるためのツマミをひねると蓋(カバー)がパカッ!と開いてカードを取り出せるのですが、ツマミを捻っても蓋が開かないのです。蓋自体には爪や指をひっかけるような手がかりもないし、うーん困った…

※カードスロット周辺の構造はこのあたり(デジカメwatchの記事)この画像(デジカメwatchの記事)がわかりやすいかな。

 あーでもないこーでもないとしばらくチャンレンジした後、こりゃもうどうなっても仕方ないな!と思い、蓋の回転軸のあたりを「ふたが開く方向に」少し力を入れながら押すと蓋がわずかに浮くので、浮いた隙間に爪をひっかけてみたところ「パカッ!」と開きました!挿したままのSDカード、16GBだった…もったいないもったいないw

 あらためて蓋とボディをよく見てみると、ツマミをひねるとロックがはずれ、あとはバネの力で開くだけの構造なのですが…これは蓋とボディ(のシーリング)が密着して固着しちゃってたっぽい。ツマミのロックを外しても、バネの元気さが足りないのか開かなかったと。

 一度開けてしまえば、後はバネの力でゆっくりですが開くようになりました。一安心です。

 古いカメラを整理していて、こういったトラブルが起きる場合もあるかと思うので書き残しておきます。

| | コメント (0)

2019.04.19

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・戸籍謄本/改製原戸籍を郵便請求する

 年金やクレジットカードの手続きを終えたということで、そろそろ大物な手続きを片付けるのが視野に入ってきました。自動車の処分(軽自動車以外)・銀行口座・生命保険などの手続きを行うのに避けて通れないのが「生まれてから死亡するまでの戸籍の謄本」とか言われるやつです。

 例えば、生まれてから死ぬまで本籍が一つの市町村から出なかった人について、同居の親族が謄本を取得するのは割と簡単で、市役所とか町村役場の住民課に行って「銀行口座の解約に必要なので、父(母)の戸籍謄本を取れるとこまで遡ってください」と説明して申請すれば欲しいものが一式揃うはずです。発行の料金もその場で言われた額を払えばいいので財布の中身の心配以外は何も問題ありません。

 さて、私のように「親と同居してない、しかも遠方に住んでいる」パターンだと、本籍地の市町村役場になかなか行けない…というケースもあると思います。

 

 そうなると、どうしても郵送で取得するのが一番早いということになりますが、「初めての手続き」だと右も左もわからなくて不安だらけになるわけです。今まさにその手続きをやっているので自分なりに「ここがポイントだ」という部分を書き出してみようと思います。
 司法書士とか弁護士事務所のウェブサイトを見るといろいろやり方が書いてあって参考になるのですが、細かい点については「実際にやってみて役場の職員さんと電話で話をしてみてやっとわかった」点もあったりします。

 

 まずは親が亡くなった時点の本籍地の市町村役場に「死亡から遡れるだけ戸籍の謄本をください」という内容で郵送請求をかけます。所定の申込用紙や申請の宛先は自治体のウェブサイトに情報があるのでそれを使います。それだけで伝わるか不安な場合は、申請用紙とは別にA4用紙や便せんに取得の目的を詳細に書いて同封すればいいと思います。請求内容の詳細に不明な点があった場合、職員さんは電話できっちりヒアリングしてくれるはずです。

 ウチの場合「母が1月に死亡、父が3月に死亡したので父の戸籍には生存者がいなくなっている」という状態になります(私や姉は結婚して別の戸籍)。この状況で「死亡者を含む戸籍の謄本」を申請すると「戸籍謄本」ではなく「除籍謄本」の申請になります。もし、2月の時点で謄本を申請していれば「母の死亡の記載がある戸籍謄本」を申請するというパターンになっていました。戸籍謄本と除籍謄本は発行手数料が違うので要注意です。

 さらに「戸籍を遡る」という部分ですが、ウチの父も母も「結婚までは実家の戸籍(生まれてから本籍地の移動無し)、結婚して新しい戸籍を作る際に本籍の住所を新居の住所に変更、その後は本籍地の変更なし」というケースでした。
 このため私は「父母の結婚後の戸籍(除籍)謄本と、結婚前の戸籍(除籍)謄本」を取得すればいいのかなと勝手に考えていたのですがそうではありませんでした。

 実際に取得した人から「そんなの当たり前だよ」と言われそうなのですが…戸籍に関する法律が大きく変わる際に、自治体はそれまでの戸籍から新しい書式の戸籍に内容を記載しなおします。これにより本籍を移動してなくても、戸籍の法律の変わり目で「遡るべき古いバージョンの戸籍」ができちゃいます。この古い戸籍が「改製原戸籍」だそうです。

 戸籍に関する法律の大きな変わり目が、平成6年と昭和23年にあったそうで(さらにその前は大正時代)、昭和23年より前に生まれた人が平成の終わりごろに死亡すると、「死亡時の戸籍」「平成6年より前の戸籍」「昭和23年より前の戸籍」と最低でも三つのバージョンの戸籍があることになり、これを全部取得しないと銀行口座の解約もできないというわけです。

 私の父母は両方とも昭和20年以前の昭和生まれで、昭和40年頃に結婚して本籍地を変更していますので、

A)生まれた時の戸籍(本籍はそれぞれの実家)

B)昭和23年の法律改正に合わせた戸籍(本籍はそれぞれの実家)

C)結婚以降の戸籍(本籍は結婚後の住所)

D)平成6年の法律改正に合わせた戸籍(本籍は結婚後の住所、死亡の情報はココに含まれる)

 という感じになるみたいです。つまり、戸籍を出生まで遡ろうとすると、「結婚後の戸籍がCとDで2通」「父(母)の実家の自治体の戸籍がAとBで2通」の計4通を取得しないと「戸籍が遡れない」と思われます。当然ですが発行の手数料はA/B/C/Dそれぞれに発生します。A/B/Cは原戸籍なので750円/通、Dは除籍謄本なら750円/通、戸籍謄本なら450円/通です(平成31年4月現在の値段)。

 現状は今まさにC/Dを取得中で、Cの内容を見てA/Bの取得申請をかけようとしています。この作業のために参考にした司法書士の事務所のウェブサイトには「戸籍(除籍)謄本/原戸籍を郵送で取得する場合、料金支払用の小為替は余分に入れておきましょう」なんていうTipsがありました。「2通分でいけるだろ」という場合でも、もしものために3通、4通分の料金をいれておけ、ということですね(使わなかった分は返ってくるはず)。

 とまあ、郵送申請だと時間もお金もかかる戸籍/原戸籍を遡っての取得なのでした。

| | コメント (0)

2019.04.12

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・クレジットカードとか

 両親の年金の後始末の手続きをしたら、結構肩の荷が下りた感じがしました。まだ銀行口座の解約とか不動産登記の変更とか、親父の使ってた車の処分とかあるんですけどね。

 そういった進めないといけない大物の手続きもあるんですが、小ネタとしてクレジットカードの解約とか進めました。

 クレジットカードを解約する前に、まずは月々の請求明細を見て、クレジットカードで月々の引き落としになっているものがないかのチェックは必要ですね。まぁ、そういうのを無視して解約しても、振り込みで払えとか郵便で通知が来るんですけどね。うちの親父の場合はケータイの支払いがカード払いでしたが、これはすでに解約していたので問題なし。

 親父の契約していたクレジットカードが3つもあったので、それぞれのカードに記載のお客様窓口へ電話して事情を説明すると、どのカード会社も電話一発で解約に応じてくれました。カード番号とか親の誕生日とか、実家の電話番号とか聞かれますので答えられるように準備しておきましょう。

 カード会社によっては引き落としの済んでない金額とか教えてくれて、振り込み手続きの案内とかもしてくれます。そうでない場合は実家に未払い分の請求(振り込み用紙付)が送られてくるはずなので、遠距離の実家でもたまに戻って郵便物は確認しておかないとトラブルの種になるかもです。持ち家だったらいいけど、賃貸の住宅を解約しちゃう場合は郵便物の転送手続きとかやっとかないとダメですね。

そんなわけでクレジットカード絡みの手続きも完了。

| | コメント (0)

2019.04.10

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・年金絡みの手続き

 うちの両親は年金を支給されていたので、亡くなった後は当然ですが年金受給を止めないといけません。

 父のケースでも母のケースでも、死亡した直後に役場に行った際に「厚生年金と国民年金両方の加入期間があるので、役場では手続きできないです。年金事務所へ行ってください」と言われてしまい、しかも年金事務所ってだいたい予約入れないと手続きできないんですよね。

 一つ助かったのは、両親の居住地の事務所へ行く必要はなく、自分が住んでいる地域の年金事務所で手続きできる点です。手続きに必要な書類は役場で教えてもらえますが、ウチの場合は、だいたい以下のものが必要でした。父の手続きと母の手続きを一度にやったので、手続きも2セット分ですよ。

・父(母)の基礎年金番号
・父(母)の除籍票
・自分の住民票
・自分の通帳とハンコ
・自分が父(母)と生計を一にしていたことを示す申請書
→この申請書は役場でもらえました

 最後のヤツがポイントで、両親と同居ならこんなもんいるのか?って感じの書類なのですが、遠距離の別居だと「死亡者と申請者が絶縁状態だったりしないよね」的な判定に使われるようです。未払いの年金があった場合に関係ない人に払ったらまずいしね。
 しかもこの書類に、死亡者と申請者から三親等を超える親族もしくはそれ以外の人の署名が必要でして、一番確実なのは「両親と自分のことをよく知っているご近所さん」あたりに菓子折り持って行ってお願いするのがいいんじゃないかという。条件を満たす遠縁の親戚とかでもいいんですが、同姓だったりすると年金事務所の人の警戒度がちょっと上がるみたいです。

 申請書類さえ揃っていれば、手続き自体はスムーズに進みます。未払いや払い過ぎがあればそのあたりは後日帳尻を合わせることになります。

| | コメント (0)

2019.04.01

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・ライフライン編その2

 葬儀後に実家でライフライン関係の手続きをしたのですが、実家でやらずに家に戻ってから手続きしたのは以下のもの。

・電気
→電気使用量の明細のハガキから契約関係のお客様窓口へ連絡して契約者を変更。クレジットカードと口座引き落としの申込書も送ってもらったので、検討した結果クレジットカード払いを申し込みました。

・NHK
→契約関係のお客様窓口へ電話して「実家は両親が亡くなり誰も住まない空き家になった」「受信設備は撤去した」で契約解除を申し込んだら一発OK。電話だけで手続き完了。

・電話
→NTT西日本の契約関連のお客様窓口へ電話して、事情を説明して休止を申し込み。加入権の名義変更は別途行う予定。

・ケータイ
→うちの父のスマホがIIJmioだったのですが、キャリアのお客様窓口へ電話して事情を説明。解約申込書を送ってもらい必要事項を記入して返送。あとSIMの返却も指定の送付先へ送って返却完了。

 これで月々の支払いが発生するようなものはだいたい手続き完了。

 で、ここから「年金の手続き終わらせないと」「固定資産の名義変更しないと」「車の処分」「相続税大丈夫?確認しないと」「お墓立てないと…」など、現住居と実家が離れていると面倒さがワンランクアップしそうな案件が並びまくっているのです。こいつらも遠隔地ならではのポイントがまとまったら記事にしようかなと。

| | コメント (0)

2019.03.30

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・ライフライン編

 町役場で手続きをしていたらいろいろ見えてきたので、今度はライフラインに関するあれこれを片付けないと…というわけでさらに走り回ることになります。


 でもその前に、役場から実家に戻ってきてから、一度家の金庫を開けて、重要そうな書類はないかチェックしてみたところ、「実家以外の土地の登記関連の書類と固定資産税を払った際の領収書」ががが…実家のある自治体とは別の自治体の土地のため、隣町の役場まで行って固定資産税の当面の支払者の手続きをやりましたよ…。


 で、ライフラインやら月々の支払いがあったいろいろについて名義変更したり、解約したりと。


・上下水道…は町営だったので役場で名義変更して手続き完了済

・ガスは町内のガス会社の営業所へ行って名義変更手続きを行う。
→ここで郵便局へ行って、水道とガスの引き落としを自分のゆうちょ口座に変更。岐阜県某所の水道代やガス代を広島の銀行の口座で落とせるとか幻想です。こういう時はゆうちょ最強。

・ケーブルテレビは営業所へ行って解約手続き。
→屋内・屋外の設備や、インターネット用のモデム設備の撤去があり、工事の日程を決める必要があったりして、遠距離別居だとさっさと片づけないと「まだ戻ってきて立ち会わないと」みたいなことになって面倒ランクが上がります。ウチの場合は屋内設備は自分で撤去して返却。屋外設備は立ち合い無しでの工事で済ませることに。インターネット用のケーブルモデムはたまたま即日撤去工事してもらえたので葬儀後の実家に居た期間で済ませることができました。

 その他、新聞の契約解除やヤクルトの配達の解除まで、こまごまとしたことを進めます。

 あと、以下のものは自分の現在の家に持ち帰って手続きを進めることにしました。この辺はまた次回。

・電気
→電力会社は規模がでかいので遠方からの契約変更とか普通にできるだろうと推測

・NHK
→うちの実家は難視聴地域で、ケーブルテレビの設備を撤去するとテレビが見れないため、ケーブルテレビの解約がきっちり済んでからNHKを解約してやろうと家に持ち帰ることに。

・NTT、ケータイ
→これも規模がでかい会社なので、全国どこからでも各種手続きでるだろと勝手に推測。

| | コメント (0)

2019.03.28

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・まずはお役所編その2

 親の亡くなった後にまずは健康保険や年金関係の手続きについて自治体の職員さんから説明を受けたのが前回。
 両親共になくなって、実家が空き家になってしまうようなケースだと、市役所や役場で行う手続きがもう少し増えます。具体的には、

・土地や家の固定資産税の支払いに関する手続き
→相続人が正式に決まるまでの固定資産税を払う人を登録することになります。もちろん、登記の変更が完了したらその人に請求が行くようになるはず。

・上下水道の料金の支払いに関する手続き(名義の変更)

・防災行政無線設備の撤去に関する手続き
→防災行政無線システムの屋内設備を自分で撤去して町へ返却してみたり。自分で設備の撤去ができないなら工事の日を決めて業者に来てもらう必要があるので、面倒さがワンランク上がります。

 このうち、上下水道については名義を自分に変更し、支払いに関する連絡先も今の自分の住所に変更してもらいます。で、「水道があるなら電気やガス、電話やケータイ、NHKやケーブルテレビもやらないと」ってなわけで、今度はお役所以外にやることが一気に増えます。そのあたりは次回。

| | コメント (0)

2019.03.26

遠距離別居の親が逝った時にどんな手続きをしたのか・まずはお役所編

 なんかものすごーくブログから遠ざかっていたような気がしますが、まぁいろいろとありまして…。
 ぶっちゃけ、2019年に入って、立て続けに親が天に召されると言う、子供的にはかなりのサプライズな出来事に遭遇してしまい、手続きやらなんやらで今もいろいろ大変なわけです。一時期は「いきなり喪主をやらされたら」的なハウツー記事書けるかなとか考えたのですが、書かずじまいで時間が経ってしまいました。

 私の場合、親と別居、しかも遠距離(東海地方と中国地方)という環境でして、親が倒れてもすぐに駆け付けるのも難しい。親が逝っても一週間もしたら仕事のために現在の居住地に戻らないといけないわけで、いろんな手続きとかどうすんのと。さらには両親が3か月と開けずに立て続けに逝ってしまった関係上、先に逝った母の相続手続きもやってないのに続けて父が逝ってしまったというわけで、相続的にもいろいろ面倒なことになりそうな予感がヒシヒシと…ってなもんです。

 そんなわけで、「親と遠距離別居」「両親共に亡くなって、実家は空き家状態」「自分がイニシアチブを握って動かないと相続手続きも進まない」と言った条件を持っている人のために、「私の場合はこうだった」という記録をしばらく書き連ねて見ようかと。

 親の葬儀のために実家に戻ったついでに、まずは市役所とか役場とかのお役所に行きましょう。住民課とかの窓口に行くと、やらなきゃいけない手続きをリストを見せてくれて、まずはそれをやらないといけないということがわかります。自治体によってはリストの説明に従って市役所内を歩き回るといつの間にか手続きが終わってる、なんてトコもあるようです。

 うちの場合は、まずは町役場に行って説明を受けて、以下のような手続きをしました。

・町営の火葬場の使用料を払う
・健康保険関係の手続き(保険証の返納とか)
・その他の介護保険とか、高齢者関係の医療関連に関する手続き(証書の返納とか)
・マイナンバーカードや印鑑証明登録に関する手続き
→今後の各種手続きの関係で、すぐに返納せずにしばらく管理しておけ、となるケースもあるようです
・年金関係の手続き
→厚生年金の受給を受けていると、市役所や役場だけでは処理ができず、地域の年金事務所へ行く必要があります。ついでに言うと、実家の地域の年金事務所でなくても手続きはできるそうです。

 親が生きているうちに、保険証や年金の証書はできるだけ一か所にまとめておいてもらうように話をしておきましょう。そうしないと家中をひっくり返して探し回る羽目になります。

 さらに、両親共に亡くなり、当面実家が空き家になることが確定したため、実家に関する各種支払いなどを私がやらないといけなくなったので…というあたりは次回。

| | コメント (0)

«MAYFLASH F300とネオジオミニ