2016.02.17

Picasa終了…

 GoogleがPicasaのWEBサービスやデスクトップアプリの開発を終了するとのこと。

Google写真管理サービス「Picasa」が終了、今後は「Googleフォト」に統合

 PicasaのWEBサービスにあげていたデータはいつの間にかGoogleフォトに移行済みだったので、全然困らない。

 しかし、デスクトップアプリのPicasaは撮ってきた写真をHDDにコピーしてから一気に認識させて閲覧するのが便利だったのですが…当面はこのまま使えるので問題はないけど、今のうちに移行先を探したほうがいいかなぁ。

 さて、HDD上に日付フォルダ単位で格納したデータ、何で見るのが一番楽かなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

ドライブ中のスマホの充電とZTE Blade Vec 4G

 うちは私も嫁さんもZTE Blade vec 4GというスマホにIIJmioのSIMを挿して使っているのですが、このスマホはどうも充電関係が一癖あるようで。
 純正、もしくは他のタブレットのACアダプタで充電する分には何の問題もないのですが、車のシガーソケットから取り出したUSBから充電しようとするとうまくいかない。あと、ずいぶん前に購入したモバイルバッテリーで充電しようとするとこれもうまくいかない。車中の充電もモバイルバッテリーからの充電もMK16aやPolaroid Piguでは問題なかったのでなんでだろーと思ってました。

 結論から言うと、ZTE Blade Vec 4Gは、5V500mAのUSBポートだと充電しないっぽい。PCのUSBポートにつなぐ場合は話が違うかもしれませんが、いわゆる「USB充電器」なヤツだとダメです。車のシガーソケット→USB充電変換もモバイルバッテリーも古いやつで、5V500mAタイプだったのでダメでしたと。

 そんなわけで、車のシガーソケット分岐器(USB充電ポート付)ポートを買い換えました。今回買ったのはコレ。


 USB充電ポートが二つあって、1ポートあたり最大2.4Aまで対応してるってことで購入。我が家の場合、ドライブ中に、

・音楽プレーヤ(シガーソケットから給電)
・ポータブルカーナビ(シガーソケットから給電)
・スマホ(電池減ってきたときのUSB充電)
・スマホ(らじるらじる/ヤフーカーナビ用)

 なんて感じで使うケースがあるので、シガーソケットが最低2口、USBが1~2ポート必要になるのです。先にあげたZTE Blade vec 4Gもこいつなら普通に充電できるのでドライブ先で電池の減りが気になったらサクッと充電できるようになり一安心。ちなみに、車中にはUSB→ガラケーの充電ケーブルも常備してあるのでこっちの充電対策もバッチリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.07

スマホの充電事情・Ankerの6ポート充電器

 スマホとか増えてくると、充電器が増えてしまってコンセントの回りが大変なことに。さらに、帰省とか旅行の時に持っていく機器の台数を考慮してACアダプタも持っていく必要があってこれまためんどくさい。

 そんなわけで去年の秋ぐらいに多ポートのUSB充電器を購入しました。こういうのはポート数の大は小を兼ねるということで、ちょっと欲張ってみました。


 我が家の場合、帰省や旅行の際に、

・ガラケー×2(私と嫁さん)
・スマホ×3(私×2、嫁さん×1)
・3DS×3(私、嫁さん、息子)

 場合によってはさらにタブレット×1、PSVita×1が加わります。充電器以外にもPCのACアダプタも持っていくとさらにコンセント不足は深刻になります。実家だとテーブルタップ借りてなんとかしますが、ホテルや旅館にテーブルタップまで持っていくのはやっぱり面倒だし。

 上記のAnkerの充電器を導入前はACアダプタをUSB用を2~3個、3DS用を1~2個持っていっていましたが、導入後は使用するコンセントが充電器×1、PC×1とかになったのでかなりのメリットです。あ、3DSはUSB充電ケーブルを別途用意しないといけませんが、ウチでは100均で調達して安く済ませてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.04

あけましておめでとうございます。

 2016年になってしまいました、あけましておめでとうございます。

 去年は春ごろに(おととしの)北海道旅行記をアップしたっきりになってしまいました。きっとブラウザゲーをいくつもかけもちして余裕がなくなってしまったからですね。
 その後、お気に入りのブラウザゲーのいくつかは引退したので、今年はもうちょっと余裕ができるといいなぁ…仕事の方は負荷が大きくなっているので油断はできませんけども。

 そんなわけで今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.13

2014年秋の北海道旅行その10

 帯広に夕方(といっても暗くなってました)に到着してホテルにチェックイン。お昼ごはんが重かったため、まとまった夕食をとる気にならなかった我が家の面々は、あらかじめ嫁さんがチェックしておいた帯広のスイーツ買出しに出かけることにしました。

 まずは六花亭本店。取ったホテルの斜め前なんですよ。今回は嫁さんも息子も「2時間以内に食べてください」なスイーツを食べることができてご満悦。家に帰ってからご近所にお土産に配るお菓子とかたっぷり買い込んでそのまま家へ地方発送ですよ。

 さらに柳月の大通本店。ちょうどハロウインの限定お菓子を扱っている時期だったので嫁さんの気合もマシマシってなもんです。

 もう一つ、スイートポテトで有名らしいクランベリー本店も訪問。目玉商品のでっかいスイートポテトはこの日の我が家の胃袋状態では食べきれる自身がなかったので他の小さなお芋のケーキを購入。

 あとはコンビニによって夜間の水分補給用のドリンクとか買ってホテルへ戻ります。

 で、次の日は今回の旅行の北海道最終日。この日も主に嫁さんが下調べしておいたスイーツ行脚です。

 まずは六花亭の西三条店でお茶とお菓子。昨日本店でタイミングが合わず買えなかったお菓子ウマウマ状態。そこから柳月の工場へ足を延ばして製造ライン見学&工場直営店でお買い物。その後は音更のインデアンカレーでお昼ご飯。

 お昼を済ませたら道東自動車道で千歳方面へ戻るのですが、トマムのあたりで雪が降ってきました(汗)。広島県民の感覚だと「10月なのに雪だー」って感じでびっくり。レンタカーのタイヤはスタッドレスじゃなかったので安全運転に徹します。幸い雪はトマム周辺の海抜が高いトコだけで後は雨で済みました。

 千歳まで戻ったら、千歳空港の近くにある「ドレモルタオ」でお茶&ケーキです。ドゥーブルフロマージュが人気らしいのですが、確かにこの味なら人気でるわーと納得。お茶の後は売店でクッキーなどお買い物。買い物済ませてお店から出たら離陸したF-15が上空をパスして行きました。さすが千歳。

 あとはレンタカーを返却して千歳空港へ。今回の走行距離はざっくり1300kmぐらい。

 空港では嫁さんがお土産とかお菓子とかお買い物。私と息子はベンチで骨休め。嫁さんは開拓おかき全種類買ってましたな。最近はあっちこっちの道の駅で類似のおかきが並んでいますが、開拓おかきもお茶に合うおいしいお菓子です。

 台風のせいで帰りの飛行機が飛ばないんじゃないかとドキドキしたのですが、幸いなことに無事に飛んで帰ってこれました。飛行機飛ばなかったら、夜行列車「はまなす」で青森まで行って、鉄道で移動することも考えていたのですが、そこまでやらずに済んでちょっと残念な気もしたりしなかったり。もっとも、飛行機飛ばない状況で青森から広島まで鉄道でスムーズに帰れたかどうかわかりませんけども。

 そんなわけで台風のスキマをぬっての3泊4日の北海道家族旅行は終了したのですが…さすが北海道は広い。まだまだ見てないスポットだらけで全然満足できてないのです。道南とか道北とか全然回ってないし。すぐには無理でも、またいつか、今度は自分の車で行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.10

2014年秋の北海道旅行その9

 釧路で一泊した翌朝は天気は曇り。ホテルは素泊まりだったので、朝ごはんは前日に買っておいた「さんまんま」。冷めてもおいしいぞと。今度は焼きたてのあったかいさんまんまを食べたいもんです。

 で、この日の予定はとにかくまず午前中に納沙布岬まで行っちゃおうと。そんなわけで国道44号でとにかく東へ東へ。本当は厚岸あたりでプチグルメしたいところですが、それはまたいつか道東に来ると時に取っておきましょう。

 ってなわけで多分朝の9時半には納沙布岬に到着。途中、国道44号が春国岱の対岸を通っている辺りで丹頂鶴をみかけたような気がしたのですが、写真は取れず。家に帰って調べたら、丹頂鶴の頭頂の赤いところ、アレ、羽毛がなくて皮膚が露出している、その地肌の色らしいんですね。つまるところ波平さん状態と言いますか。

 って話がそれた。この日は曇り空だったので見通しはあまりよくなかったのですが、歯舞群島は確認できる程度のシーイングでした。

Imgr1716a

 それでもとにかく、今の日本で一般人が手軽に行ける東の端まで家族で来たぞと。息子の記憶にも何か残ってくれればいいなぁとか思ったり。

 この後は北方領土関連の展示館である北方館を見学して、お土産屋さんを覗きました。お土産屋さんがサービスで振舞ってくれた花咲ガニのお味噌汁、冷えたカラダがあったまっておいしかったです。

 この後は、またひたすら西へ戻っていきます。実はこの日の宿が帯広なので(笑)。途中厚岸のあたりでファームデザインズというスイーツのお店で買い物してみたり。嫁さんが今回の北海道旅行で千歳空港のスイーツチェックで検索にひっかけていたらしいのですが、こっちのお店に寄れてラッキーとか言ってました。

 さらに釧路まで戻ってうるとら食堂で昼食。ここでハモ丼食べました。昼食の後は釧路市湿原展望台へ。山の上から湿原を眺められる場所なのですが、湿原からやや離れているため、建物からの眺めはまぁそれなり。この日は天気も曇りだったこともあって眺めはイマイチでした。その代わり湿原に関するいろいろな展示があって、そっちは結構勉強になります。道すがら谷地坊主が見れる場所もあったり。となると、湿原はやっぱり天気のいい日に細岡展望台で眺めたいですねぇ。いつかリベンジしちゃる。

 で、湿原見学した後は国道38号で帯広へ移動したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.07

2014年秋の北海道旅行その8

 摩周湖見物を済ませたら、道道を北上して神の子池へ向かいます。裏摩周展望台をチョイスしたのも、神の子池への移動時間を節約したかったからです。

 道道から林道へ入ると、6月に来たときより林道の路面が荒れまくり。たくさんの観光客が訪れているんだろうなぁと思いつつ駐車場に車を入れて、池へ。

Imgr1691

 落ち葉が水面にたまっていたりしますが、池のキレイさは健在です。やっぱり神の子池は一度は生で見てきたいスポットだなぁと再確認。嫁さんと息子も楽しんでいました。

 この日は神の池の後は釧路へ。ホテルへチェックインしてからフィッシャマンズワーフMOOで「さんまんま」を買い、その後は泉屋本店でスパカツとかミラノ風とか。ミラノ風はおいしいんですがボリューム満点でぶっちゃけ量が多いです。スパカツの並よりミラノ風の並の方がおなかが膨れるんじゃないかと思うぐらい。ちなみに、スパゲティの「泉屋風」はまだ試してないので次に行く機会があったら試してみたいところ。

 ・・・しかし、北海道は広いゆえに見るスポットがたくさん&点在していて、それを回るだけでも大変なのに、食べたいものがやたらたくさんあってとても一回の旅行では食べきれないのがネックと言えばネックだなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.04

2014年秋の北海道旅行その7

 弟子屈市街を抜けて摩周湖方面へ。ここで摩周第一・第三展望台方面へ行かずに裏摩周展望台へ向かうのが我が家クオリティ。

 たどり着いた裏摩周展望台は天気はOKでしたが、時間帯的に摩周湖は逆光で摩周ブルーはおあずけ。これはこれでインパクトがあっていいんですけどね。

Imgr1644

 一方、展望台から東方向の空を見ればこれはこれで結構な青空。

Imgr1653

 次に摩周湖に来る時は、時間を考慮して東岸に来るか西岸に来るか決めようと思いました。次こそは摩周ブルーを見るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.01

2014年秋の北海道旅行その6

 双湖台からさらに弟子屈方面へ進むと、あるコーナーに駐車場が少しだけしつらえてあります。そこが「双岳台」です。雄阿寒岳と雌阿寒岳をまとめて眺められるスポットです。

Imgr1642

 この日は日差しがやや逆行気味で空が白くなっちゃってるんですが、手前の森をアンダー気味にしたらなんとかこんな感じ。

 ここの駐車場で我が家と同じようにドライブ旅行されている方に話しかけられまして(確か道内の方だったと記憶)、その方はオンネトーが空いている朝のうちに見物して双岳台まで来られたとのこと。ちょっとうらやましい。

 この後は国道241号線を弟子屈方面へ駆け下るのですが、安全運転の車に捕まって比較的ゆるりとしたペースの走行になりました。で、途中、道の駅摩周温泉によって少し休憩してから摩周湖を目指します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.29

2014年秋の北海道旅行その5

 さて、オンネトーと滝見橋で一勝一敗な気分でドライブを続けます。

 引き続き阿寒湖から弟子屈方面へ向かいつつ、途中の双湖台に車を止めます。

 いやー、青空が見えてるって幸せ。双湖台は阿寒湖の上流にあるパンケトーとペンケトーをまとめて眺められるスポットですが、この二つの湖はそもそも普通の観光客では近づくことすらできない場所なのでこうやって展望台から眺められるだけでもありがたい気分になります。そもそも6月の時はこのあたり走った時はガスちゃってて眺めとかカケラも関係なしな状態でしたし。

Imgr1631

 写真にバーンと写っているのがパンケトー、中段左寄りの山の向こうにちょこっと見えているような気がするのがペンケトー。ちゃんと景色が眺められる幸せを噛み締めました(笑)。

 この後、雄阿寒岳と雌阿寒岳をまとめて眺められる双岳台に寄りつつ、摩周湖方面へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2014年秋の北海道旅行その4